ケリーも絶対やっている。妄想力を正しく使って現実を思い通りにする

Advertisement




人少なくて、氣のいい人ばかりな海は氣分がいーね。

先日、神頼みの正しい方法についてのブログ紹介した本は、簡単にいえば、創造力を使いこなす方法についての本なんだけど、ケリーも絶対読んでたっていったじゃん。なんかのインタビューで言ってたんだよ。
「この世に存在するすべてのものは、だれかが思いついたから存在している。たとえば椅子だって、だれかが椅子のようなものがあったらいいなと思ったから作ったんだ」
て。この本にこの椅子の例えが出てくるんだけど。絶対読んだよね。そして彼は創造力使いこなしてる。

きっと、ほとんどの人が、そりゃそーだろよ。って思うと思うんだけど、これがどれほど重要なことか理解してる人はほとんどいないと思う。
「こんなのあったらいいな!」
から始まって、それが形になって世に出てくる。って、それだけの話じゃんと思うかもしれないけど、いや、これこそが思考の現実化といわれるものなんだ。地球は三次元物質世界で波動が遅めなので、意識の世界で妄想したことが物質化するのにわりと時間がかかるし手間暇もかかる。これが高次元の世界だと手間暇のプロセスがなくなって、思った瞬間にそれが現実に投影されるらしい。ただ、個人の波動が上がってくると時短になってくる。だから、地球では忍耐力と努力が必要なんだって。めっちゃ簡単なやり方お伝えしとくね。

1. 妄想する
ほしいもの、ほしい現実を想像する。想像力さえあればだれでもできることだ

2. 疑いを持たない
100%実現すると信じる、というか、実現した実感が感じられるほど知っている状態にならなければならない

3. 実行する
実現させるためにしなければならないことを実行する。ここで努力必要。

4. 待つ
宇宙のタイミングで実現するので、あとは待つだけ。ここで引き続きの努力と忍耐力が試される。

たとえば、今、「キリンを思い浮かべてみて」
っていえば、だれでもキリンのイメージが浮かんでくるはず。これ、よく考えたら謎の現象じゃね?どこに浮かんでくるのか特定することもできないのに、頭の中?意識の中?に、キリンの姿が映像として出てくる。

これがクリエーションの始まり。夢を叶えるスタートはここにある。この力を人間なら誰もが持っているんだけど、このイマジネーションのすごさを理解して、使いこなしてる人はほとんどいない。

たとえばわたしは最近アクセサリーブランドを始めたけど、これも妄想からスタートしてる。オーストラリアのサンデーマーケット、たまたま雨宿りしたアクセサリー屋さんでみつけたフラワーオブライフのペンダントトップをずっとつけてて、これ販売できたらいいな。なんて軽く考えてたある日。

サーフヨギのオーナーから、バリのすてきな神聖幾何学アクセサリーブランドを紹介してもらって、日本でやったら?って話にまでなったんだけど、わたしがほしいと思うものに近いけど完璧ではなくて。だったら自分で作っちまえばいいと思いはじめたのはいいけど、作ってくれる人知らない。

この時点ですでに頭のなかでは自分がつくりたいアクセサリーのデザインとかすっかり妄想始まってて、バリの友人数人に、アクセサリー作れる人探して!ってお願いしてた。するとあっという間(たのしい妄想は実現するのがやたら速い)に、「見つかったよ!」って、バリ在住の日本人を紹介してもらって、まずはフラワーオブライフのペンダントを作ってもらうことになってさ。

そこから(フラワーオブライフはエネルギーを増幅してくれるっていうし、天然石のエネルギー組み合わせたらおもしろいな)って妄想からチャクラに対応した天然石のペンダントトップを作ったりして、こうなるともうイマジネーション止まらなくなる。の結果が今のラインナップ(笑)。

わたしの頭の中?に浮かんだ妄想のデザインを、バリの職人さんに物質化してもらってる。頭に浮かんでから物質化するのに数週間なので、わりとスピーディーです。

そう、どうやら妄想というのはこうやって物質化させるものらしい。今までもわかってはいたけど、この本読んで、自分が作り出したものはたしかにすべて最初に妄想から始まってること、その妄想こそが物質化のはじまりだということを再確認させられたわ。頭に浮かぶイメージという謎の現象、ここがスタートだから。こんな簡単な方法があんのに使ってる人ほとんどいないだろう。もったいねッ!

最近は圧倒的にゴールドな氣分。ゴールドご希望な方もわりと多かったのでゴールド作ろうと思ったらバリにはメッキか18金しかなくて、だったらホンモノがいいなと始まったシリーズです。高いけど!w 金のエネルギーって前向きというか、ポジティブでどんどん前に突き進むエネルギーを感じる。パア〜〜〜。って感じ(笑)。
よかったら覗いてみてください。
ARDANI energy jewelry
http://www.tropicofparadise.com/?mode=grp&gid=2383562&sort=n


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。