バリ島なう!

Advertisement




5日間の暇すぎる隔離生活を終えて、無事バリ島におりますが、やっぱここはほんとおかしい!いろいろおかしいのでランダムにご報告です。

まず、クタ、スミニャックはほとんどゴーストタウン。わたしがいるチャングーだけなんか盛り上がってるけど。在住外国人がめっちゃ多いので、ここはお店もほとんど残ってる。えーあの店がなくなっちゃったの?ってお店もあるけど。

バリニーズはみんな仕事もなければ保証もない、あったとしてもコメ配給とかで困ってる人が圧倒的に多いはずなのに、相変わらずバリニーズはつねに爆笑している!笑顔とかのレベルでわなくて爆笑しているやつがやたら多い。駐車場では駐車料金徴収するおっさんがオペラ歌手のごとく歌を歌ってくれる。爆笑してない人はみんなやさしい笑顔をたたえてる。めっちゃ怖そうな顔したおっさんも、目があうと死ぬほどかわいい笑顔をくれる。どの店も店員は全員ずっと携帯いじってるか寝てる(笑)。自由だ!

こちら、マスクしてないと外人は1万円くらいの罰金取られますので、わりとマスクしてるんですが、数日前ついにノーヘルで捕まりました!バリにきたら一度は捕まっとかねえとな。

どんなことになるのかちょっとドキドキしてたんだけど、まず、捕まったのにおまわりがめっちゃ笑顔だ。笑顔というか、ニヤニヤしてる。ニヤつきながら道端の小部屋に入れられた。とにかく二人っきりの小部屋で事を済ませたいらしい。無免許&ノーヘルで合計罰金が4万円くらいだとめっちゃ笑顔でといわれた。現金持ってないよ。って財布の中身見せた。インドネシアの1000円札が3枚とあとは200円、100円札ばかりだ。

すると、めっちゃ笑顔のポリス、
「オッケーい。じゃあ今回だけは3000円で許してあげるから。赤いの3枚よこしなさい。ちゃんとヘルメットしてね。あ、マスクはしててえらいねえ〜」
ってまちがいなくウワサの賄賂だ。3000円はニヤついてたポリスのポケットへ消えた。小部屋で二人っきりになりたがったのはそういうことだ。

じつはこの事件の直前、物乞いファミリーに追いかけられて、あまりにもしつこくてめんどくせーな!ってなってお金あげなかったんだ。数百円で喜んでもらえるのに。そんな自分を客観視しながら、(こういうケチくさいことするとバリはすぐに返ってくるからなあー。ぜったいなんかあるだろうな。)と思ってた矢先のタイホ!カルマが返ってくるのが早すぎる。

そんでもって、波の方は昨日まで3日ほどわりと小さかったんですけど今日からまた波ある。4月は雨季と乾季の間なので1日風が吹かないことも多いからコンディションよい日も多い。今日はセットで頭オーバーの波、なぜか途中から左行きはわたし一人になって45分くらい貸切ミラクル。毎回こういう貸切ご褒美もらえる。海はいつもより間違いなく人が少ない。

海で会うローカルたちの間ではもっぱらコロナワクチンが話題だ。今バリではとにかくローカルにワクチン打ってもらうことで観光をオープンしようとしてるらしい。ほとんどのローカルが打つ氣満々な中、昨日会った日本語上手なローカルのおっちゃんは、
「ワクチン?ムリムリ。オレは絶対やらないわ。コロナなんてこんなの全部政治とカネでしょ。」
って言ってた。意外と分かってる人もいるらしい。別のローカルはすでにワクチン接種済み、「ものすごい頭痛と筋肉痛で1週間寝たきりなった」って言ってたわ。

やっと首と手首のウェット跡がなくなった。わたしはアレがいやすぎて冬は日本にいたくない。それにしても全身で太陽浴びるとほんとよく眠れる。10時か11時ごろ寝ると6時ごろに目醒めるまで一度も起きない日が多い。そしてCBDのおかげで朝はわりとシャキッとしてるので7時から海に向かうことができる。やっぱ太陽ですね。紫外線遮断とかほんと不健康だと思う。太陽最高です。

一緒に来てるともだちはほんとはあと4日くらいで帰国するはずなんだけど、「用事もないし延長しよっかなw」だと。サーファーはサーフィンしてればいいんだと改めて実感してるコロナ渦のバリ。やりたいことがあるなら絶対に今すぐやらなきゃだめだ。会いたい人がいるなら絶対今すぐ会いに行った方がいい。いつ人生が強制終了させられるかなんて誰一人として分からないんだから。

ハワイより、SHAKA CBDバーム新発売!

カンナビジオールと10種類のボタニカルエッセンシャルオイル のバランスよい配合による「万能軟膏」。CBD の成分がスポーツ後の筋肉の痛みや炎症をやわらげてくれるのですが、このバームリピートしてるサーファーが周りにが多いのでうちでも取り扱うことにしました!エッセンシャルオイルの香りがとてもよい!4500円(税抜)です。
http://www.tropicofparadise.com/?mode=srh&sort=n&cid=2651911%2C0&keyword=CBD


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。