サーフィンの七不思議

Advertisement




こちらバリ島ほんとに毎日波が止まらないので、湘南の「波があるうちに全部吸い尽くさねば精神」でサーフィンしまくってると、氣づいたときには10日連続で毎日3時間とかやってて、めちゃめちゃ体が疲れてて、それでもサーフィンしてるとそんな時は怪我しそうになったりして結果強制終了させられたりするのです。

24歳を2周もやってると、さすがに毎日3時間x10日ってやりすぎなわけで、10日目のサーフィンはだいたいひどいことになる。数日前まさに強制終了させられましたし。波数もあるし人も少ないのにとにかく乗せてもらえない。そしてなぜかいつも一発で見つけられる「ここで待ってれば100%乗れる」スポットが見つけられない。そして、いつもは100%わたししか乗れない波をいつまででも待つタイプなのに、来る波来る波手を出しては全部乗れないパティーンにはまりだす。で、たまに乗れると手前の外人の女に前乗りされて、わたしは巻かれるw

ってなると、まずイラついてくるわけですが、イラついけばイラつくほど乗れないのは100も承知なので、じゃあどうすれば乗れるのかと、プチイライラしながら頭でめちゃめちゃ考え出すのです。他のサーファーのの待ってる場所とか、ブレイクの仕方とかをめっちゃ頭で分析し始めるのですが、こうなるともう乗れないの最終段階入ります。乗れないの最終段階では怪我しそうになります。

やっと乗れそうな波がやってきたんですが、せっかくのいい波だったのに、板の上ですべってズッコケて、板ごとリップと一緒にに巻かれたので板が身体中にヒットしまくった上、フィンが腹に刺さりそうになって、ああもうだめだこりゃ!ってなって強制終了しましたw 海から上がったらちょうど胃のところにフィンの跡がついててちょっと血出てた。まぢで刺さってたら完全に胃が出てた!wとにかく体が疲れすぎてることにようやく氣づいて、翌日やっと休憩。このように体は「いいかげん休めよw」って教えてくれます。1日仕事して、改めてお知らせしますがようやく例の感情筋トレサイト仕上げましたわ。

サーフィンってほんとにおもしろくて、肉体的にも精神的にも万全じゃないと乗せてもらえなくなります。波とまったく調和できなくなるのです。逆に意識もクリアで肉体的にも完璧な時は、「乗ってー!!」って波がたくさんやってくる。海でまわりのサーファー観察しててもほんとにわかりやすいから。わたしは人を顔で覚えるというより、波動で覚える感じなんですが、イラついてそうなエネルギー出してる人は、波に乗れないし、乗れても前乗りされてさらにブチ切れてる(笑)。

これがサーフィンのおもしろいところです。スポーツって基本メンタルが整ってないとダメなんだろうけど、サーフィンほどメンタルの状態が顕著に現れるスポーツってないんじゃないでしょうかね。だって、メンタル乱れてると波が来なくなるんだよ。んなことある〜?!そして、めっちゃ無なエネルギー出してるサーファーのところには、ほんとに不思議なんだけどうねりがその人めがけてぐわーって集まってきたりするのです。

サーフィンは自分が無になればなるほど波と調和できる。先日、京都のサーファー禅僧主催の瞑想会に参加して、これがめちゃめちゃおもしろかった。サーフィンはなぜに禅なのか。それはサーフィンしてる間は思考が止まるからであると。無の状態って、それは、もう自分は何者かっていうアイデンティティだとかをすべて手放した状態で、それってきっとただただ人間という生物として自然に存在してる状態で、そうすると波との波長が合ってくるんだと思う。だから逆に思考でサーフィンしだすと乗れなくなる。

わたくしわりと敏感体質なもんで近くに思考の塊みたいなサーファーがいると、そのバイブレーションがすぐ伝わってきてしまって、せっかくの禅モーメントが乱されるので、だからわたしはできるだけ人が周りにいない状況でないと思い通りのサーフィンができない。とにかく一人でサーフィンしてたい人です。

あとね、やっぱ太陽ってすごいなあと思います。眠りが得意じゃないわたしが、バリ島で全身に太陽をしっかり浴びると夜コテっと眠れて朝まで一度も起きない日が多いのです。日本でもサーフィンはけっこうしてますけど太陽が弱いんだよね。ウェット着てるから顔にしか紫外線浴びれないし。私の場合肉体的に疲れてるかどうかは眠りにあまり関係ない。全身で適度な紫外線浴びるととにかくよく眠れます。

それと、磁氣嵐やら満月やらのエネルギーにやられにくいかも。今日妹が「昨日から頭痛くて体調おかしいけどまた電磁波飛んでる?!」っていうからいつもの磁氣嵐サイト見たら昨日からプチ嵐だった。毎日サーフィンしてる=めちゃめちゃアースしてることになるので、体に電氣が溜まらないのでしょう。いつもなら絶対感じてるはずなんですけど、何も感じない。

いやーほんとサーフィンってやっぱ最高だわ。ウェットの跡もすっかりなくなったし。しあわせすぎる毎日。無理やり来てほんとによかった。あと17日しか残ってない。吸い尽くして帰ろw 毎日変なことに遭遇するバリのおかしな毎日をインスタストーリーでけっこうあげてるので見てみて。

Honey Girl水着再入荷してます

やっぱりこの水着は脱げなさすぎる!本当に安心してサーフィンに集中させてくれるビキニです。もう25年くらいハニーガール着てるけど、毎回なんでこんなに脱げないんだ?!って感動します。フィット感がよすぎる。新しいプリントは残念ながら延期ですが、過去プリントの定番モデル入荷しました。新しいジャッキーボトムもおすすめ。
http://www.tropicofparadise.com/?mode=grp&gid=1792975&sort=n


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。