日本最強説

Advertisement




こんなビデオ見つけた。日本が好きすぎて帰りたくないフランス人。出身地はニースって、そっちのほうがよさそうやん!って思うけど、彼は日本が好きすぎるのだ。以下、彼が日本を好きな理由

東京が好き
便利
安全
親切
居酒屋
アパートがすばらしい
トイレがすごい
電車

最近アマゾンで「ユーは何しに日本へ?」と「ポツンと一軒家」見た。「YOUは」は外人目線の日本のいいとこがおもしろい。そして日本が好きすぎる外人いっぱいで、彼らの話を聞いていたら日本人ってサイコーやん。って心から思った。

便座が暖かいとか日本では当たり前だけど、たしかにそれがデフォルトな国なんてない。信号の音楽がすごい!とか、あとはとにかく食。特定の食べ物を食べるためだけに1泊で海外からくる外人いたり。なにしろウナギがおいしすぎるらしい。ウナギウナギてみんな言ってた(笑)。いや、でもわかるよ。ウナギはうまい!あんなおいしいものなかなかない。そりゃあ日本でしか食べられないってなったらわざわざ食べに来たいかも。

日本は清潔だし、ほんと便利だし、財布落としてもだいたい戻ってくるし。インドネシアなんて財布落としたらほぼ戻ってこないだろう。カバンは絶対中に入れないとバイクでひったくり遭遇とか日常茶飯事。そして日本はとにかく店員がすばらしい。みんな笑顔で礼儀正しい。アメリカのスーパーとか行ったらまぢで一生口角下がったアメリカ人のおばはんに野菜を袋に放り投げられるよ(笑)。雑だから。インドネシアなんてお店入ったら店員床で寝っ転がって携帯いじってっからね。アメリカもインドネシアも基本超フレンドリーではあるけど、サービスが雑

オーストラリアはわりとフレンドリーだったな。昔行ったフランスはひどかった!!フランス人ってほんとにアジア人を見下してるんだなあと感じたわ。ドイツは真面目でおもしろくないし、イギリスもフレンドリーじゃないし。イタリアとスペインは最高。人が明るい。ちなみに湘南もみんな笑顔でフレンドリー。

わたしがある場所を好きになる時、それは場所じゃなくてそこにいる人だ。やっぱフレンドリーなところがいい。ハワイもインドネシアも現地人がいい。おもしろいしやさしい。そうだ。わたしはおもしろくてやさしい人が多い国が好きだ。ハワイ、インドネシア、イタリア、スペイン!おもしろい&やさしいの国。そしてなにしろ日本人は親切だ。これは間違いない。どちらも番組で登場する日本人がとにかく親切。田舎の人なんてほんと特に親切。だから外人がみんな日本を好きになるんだろう。

ただし、これ日本にずっといたらわからないこと。日本の外に出てみるからこそ見える景色。日本にしかいなかったらこの親切さも当然だと思ってしまうから、日本人が本質的にどれほど親切か氣づけない。今時のこどもは留学とかほとんど興味ないって聞くけど、20代30代は絶対海外行くべき!!若いうちにとにかくしばらく日本から出てみた方がいい。世界の見方が変わるし、日本のよさを改めて感じることができて、それってめちゃめちゃ大事なことなんだわ。残念ながらそんな願いもなかなか叶わないご時世ですが。わたしは20代のほとんどを海外ですごしたんですが、本当に親に感謝してる。あの10年がなかったら今の私はいないわ。

そして、いなかのおばちゃん達の笑顔を見ていたら、日本人特有のYAP遺伝子のことを考えずにいられなかった。別名親切遺伝子日本人には間違いなく親切遺伝子が組み込まれてると思う。自分たちからみる日本人のイメージ、特に都会の日本人って、どちらかといえば他人にかまわずギスギス感あって、フレンドリーじゃないし過剰にシャイな感じがするけど、いなかのあっけらかんとした笑顔満載のおっちゃんおばちゃんを番組で見てたら、あれがYAP遺伝子流れる本来の日本人なんだろうなあと思った。

じゃあ都会の日本人はなんであんなにギスギスした感じになってんのかってーと、それはズバリ、自然が足りてないから。100%これですね。原因は。海と山サイコーだ。田舎の人があんなにあたたかいのは毎日大自然に囲まれて地球と調和して生活してるからだ。雪が積もってめちゃめちゃ大変なのに、それでも家から見える絶景を前に「ここは最高ですよ!」って笑顔で語ってたおっちゃんおばちゃん。自然の力ってすごい。そして親切日本人最強。

SUNBERRY ORGANICS ヴィーガンフェイスUVバーム発売


耐水性がかなりあるのでオイルクレンジング持ってない方はクレンジングセットが圧倒的におすすめ。石鹸だと2-3回洗わないと落ちないです。マーヴォコーのネロリクレンジング、騙されたと思って使ってみてください。このクレンジング以外使えなくなる。
https://www.tropicofparadise.com/?mode=cate&cbid=696576&csid=1&sort=n


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。