これ読んだら絶対に瞑想したほうがいいと絶対思うと思う(笑)

Advertisement




わたしはけっこうな共感体質なので他人のエネルギーと自分のエネルギーの境界線があいまいです。まったく怒る要素ないのに、例えばある人と出会ったらその瞬間に怒りがふつふつと湧き起こる的な。そういう時は完全に他人のをもらってるパターンなんですが、自分のか他人のか区別がなかなかつきませんでした。数年前からちょっとわかるようになったんですけど。他人のやつは肉体反応だけで感情エネルギー自体はそれほど動かない感じです。説明し難いんですけど、たとえば怒りなら心臓はバクバクするけど、当事者なら感じるであろう感情(死んでしまえっ!!とか。本氣でおもうじゃん。自分が怒ってたら(笑)。)それが薄め。

会った瞬間に瞬間的に飛んでくるのでその人がどんな感情を抑圧してるかわかるし、直接会わなくてもその人のこと思い浮かべただけでほぼわかります。こんな調子なもんで、会う人厳選しないとめちゃめちゃ疲れることが本当に多かった。だから人混み避けますし(海とか!)、あんまり人と会いたくないし(笑)、好きな人(=エネルギーが雑じゃない人)は少ない。

ずっとそんな調子だったんですけど、最近なぜかあまり人疲れをしなくなった。人疲れと、あと、天体の動きに合わせてやられるやつもすごい減りました。満月とか惑星並ぶだとか、エネルギー強めな節目の日とか、太陽フレアの磁氣嵐とかにやたら肉体が反応する体質で、毎回めちゃめちゃしんどくなってたんですが、最近激減してる。

何か理由があるはずだと、最近始めたことや、やめたことってなんだっけ?と考えたところ、瞑想しか思い当たらないし、直感的に瞑想だと思ったので、さっそく外人の宇宙人コミュニティで聞いてみた。すると、瞑想にそのような効果があるのを体験した人がやはり他にも何人かいた。他に何も変えてないので瞑想以外考えられない。半年間1日1回は絶対瞑想するのが続いてるんですが、こんなに続いたことは未だかつてなかった。

さて、ではなぜそんなことが起きるのかって話ですが。ジョー・ディスペンザ博士の理論で合点がいきます。結論からいうと、自分がエネルギー製造マシーンになればいいってことです。どうやってなるかってーと、まずは瞑想。では瞑想するとなぜそうなるかです。

わたしたちのほとんどは下位の3つのチャクラが生体エネルギーを過剰に使っているので、つねにエネルギーが枯渇した状態にあります。そうすると他人のエネルギーを無意識に吸い取ろうとしますし、吸い取られた方は自分でエネルギーを作り出せていなければその分エネルギーが減ってしまうので、結果、疲れる。

では瞑想すると何が起きるか。瞑想することでただ”今ここ”という瞬間を堪能するだけで、普段の意識の状態ではなくなる=脳波が変化します。脳波がゆっくりになるとわたしたちの意識はちょっと違う次元にアクセスできるようになります。そこにアクセスできるようになると生命体を維持する自律神経が整い始めます。自律神経が整うと、体全体に調和が生まれて脊柱にエネルギーが流れやすい状態になります。するとそこに磁場が形成されるようになるのですが、この状態を維持することで自らがエネルギー製造マシーンになるのです。

だから!自分で好きなだけエネルギーを作り出すことができるもんで、他人に吸い取られても疲れませんし、満月などのエネルギー的に不安定な日でもあまり影響を受けなくなる。って、そういうことだと考えております。自分がエネルギー製造機になれば強烈なエナジーバンパイヤに吸い取られてもまったく問題ないどころか、どうぞどうぞ!ってなるわけでございます。す・て・き。セミナーではこんな話題がテーマの爆弾トークやってます(笑)。

あ、最後にこれ紹介しときますね。昨日紹介した本の抜粋
うつくしい死を迎えるための方法

なんといっても、もっとも大切なことは、生活に瞑想を取り入れることです。何かをつかみ損なったからと言って大差はありませんが、瞑想を取り逃せば、うつくしい死を迎えることはできません。何を妥協しても構いませんが、瞑想に妥協は許されません。・・・瞑想は年齢を重ねることを豊かにしてくれます。そうでなければ歳をとることは、ただ醜くなるだけです。

ぎゃーっ!!瞑想しないと歳をとることはただブサイクになるだけってー!これはあきませんよ。絶対的に。うつくしく歳を重ねるためにも瞑想を生活に取り入れてください。10月セミナー始まったらまた瞑想ワークショップやってもらう予定ですのでぜひ。

お得なまとめ買い。Indigo Seaの草木染めラウンジウェアコレクション

対象商品2点10%オフ
3点15%オフ
4点20%オフ。
https://www.tropicofparadise.com/?mode=grp&gid=1784744&sort=n


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。