奄美大島のポテンシャルが高すぎてやばい

Advertisement




こんにチワワ。また奄美大島行ってました。月イチで行ってます(笑)。もはや月イチ恒例行事にしてしまいたいです。

ここのエネルギーは別格!!

今回はコレクトサーフの禅&サーフコーチングツアーに参加してきました。前半コレクトツアー、後半プライベート。団体行動できない人間ですが、8人様で頑張ってきましたよ(笑)。メンバーがほんとにサイコーだったのでまったく問題ございませんでした。だって、禅を学ぶサーファーですから。

サーフコーチは脇祐史先生、坐禅先生は最近なにかと話題の(笑)宗貫さん。朝はサーフィンの前に坐禅からスタートします。まずは祐史先生のコーチングがほんとにすばらし!技術的な部分にかんしては、たった数秒のライディングを先生ほんとによく見てて、ここをこうするっていうのをピンポイントで超具体的に教えてもらえるのでめちゃめちゃわかりやすいですし、言われた通りにやってみるとかならずサーフィンが変わります。サーフィンが改めて超たのしくなります。サーフィン始めて2-3年目のもっとも調子に乗りだしてるサーファーから、歴10年以上だけど万年我流なサーファーなどにはコレクトのコーチングはまぢでおすすめです。ちなみに意味不明だと思いますがわたしが今回実感したのはコーヒーカップでバインバイン(笑)すると今までなら抜けられなかったセクションが抜けられることでした。

テクニックにかんしてはもちろんなんですが、コレクトがおすすめなのは、いかに海の中で他のサーファーや海、波との調和をとるかを徹底的に教えてくれるところです。海入っててよく思うのがとにかく波も周りの状況もまったく見ていなくて危険なサーフィンしてる人がほとんどだってこと。波がちゃんと見えてないと危険なところからテイクオフしてしまいますし、それがリーフブレイクなら大怪我につながる。人が見えてないと意図せず誰かの邪魔をして怒鳴られたり事故ったりしますが、この部分がどれほど大事かをしつこく教えてくれます。スクールに入ってサーフィン始める人も最近はわりと多いと思うんですが、波、そして周りのサーファーとの調和を保つってサーフィンで一番大事な部分で、ここをちゃんと教えてるスクールってどれくらいあるんだろうって思います。わたしがコレクトをおすすめするのはここが最大の理由です。

その上禅ってなんなのか。サーフィンと禅がどう関係あるのか。波に乗るってどういうことなのか。そんなことまで教えてくれる。そんな話に聞き入る男性の姿は新鮮かつもはやセクシーの領域でございます。精神世界は女の専売特許みたいな感じでしたが最近は男性でもこういったことに興味を持たれる方が増えているのは大変うれしいことです。男性が本質的に目覚めてこそ地球に調和が戻ってくると考えておりますので、本当にステキな世の中になってきたもんだと思います。サーフィンってそもそもスポーツではなくて超スーパースピリチュアルな世界なのですが、それを融合したコーチングシステムって他にはないでしょう。

そしてなにより奄美大島の大自然。もはや日本じゃないです。海外行けないーとか言ってる場合じゃない。すっかり海外です。自然のスケールがハンパない。海と山のコラボがもううつくしすぎるし星空もやばすぎました。今回初めて南の端っこまで行ってみたんですが、あの場所のエネルギーといったらもう思い出しただけでエネルギー溢れてきます。アマミアンブルーと呼ばれる海の青さ。ガラスみたいなクリアな水は浄化力とエネルギー供給量が普通じゃないです。もうめちゃめちゃ充電されますた。

波はまたまた大当たりしてしまいまして。わたくしトリップで波外したことほんとないんですが、今回もバッツリ台風の波当たりました。南のポイントではものすごい波を目の前で見ることができましたし、わたくしも超危険な目に遭いました(笑)。浅いリーフポイントはあぶないねー。意外と死なないけど。でも思い出しただけでわりとドキドキします。そして今回も宿はGreen Hillにお世話になりました。コロナでお店が開いてないもんで、おいしい晩御飯付きサイコーでした。

なにはともあれ、写真でご確認いただくのが一番かと思いますのでぜひ。

最後にバレリーナゆーじ先生の動画をどうぞ。このポイント、真横でこれがみれてまぢサイコーでした。GoPro持ってくの忘れて超残念さん。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。