もはや食べ物ではなく放射性廃棄物

Advertisement




NYに住んでいるドイツ系の友達から。
ドイツのTV番組です。

簡単にまとめたらこんな感じ。

今も東電は常にノーコメント。
「私たちほ仕事は原発の中です。測定は国と地方行政の管轄で私たちはお手伝いしているだけ。だからコメントできない。」

魚は相変わらず高濃度のセシウムに汚染されている。
原発から55キロ離れたところの魚の半分が1キロあたり500ベクレルだった

コメも同じ運命。
福島のある農家は2度検査所に提出した。
最初の検査は合格で、2回目は検査結果を教えてもらえない。
作付けできるか知りたかったので自費で独立機関にて検査したら
53000ベクレル、基準の7倍がでたので作付けあきらめた。
この事実を福島市民ほとんど知らされていない。
(っていうか日本国民だれも知らない)
普通の生活にもどって忘れられている。

イギリスのバズビー博士のコメント
「日本政府の無責任ぶりは犯罪。この判断は間違いなく多くの子供を死に至らせる。
人間の想像を超えた惨事。どうしたらいいか誰にもわからない。人類史上最悪の惨事」

ある福島県民。自分の被爆検査は福島大学に拒否された
県は否定しているが、
福島県知事から福島県民の診察を受け入れないように指示されているからだという。

ではみなさんごきげんよう。


Advertisement