ASPがドラッグテスト導入&人材募集してるよ!

Advertisement




私基本的に、人がやってんの見るより自分がやりたいから
コンテストとかさほど興味ないので、あんまり業界NEWSとかもフォローしてないんだけど、
これは面白いと思ったよ。

9日に行われたサンフランシスコのミーティングで決まったらしい。
2012年のゴールドコーストで行われるクイックシルバープロから
ASPの選手にドラッグテストが導入されるって。

“多くのサーファーが、その可能性を残したままドラッグが原因で死んでしまった。
そして、去年最も偉大なサーファーの一人だったアンディ―・アイアンズが
前日の試合をキャンセルした後、プエルトリコのホテルの部屋で一人でひっそりと死亡、
その体からは様々な薬が検出された。
ASPは、アイアンズがドラッグの問題を抱えていたという知識はなかったと言っているが、
これは、サーフィンというスポーツにおいて最も隠しておきたかった最悪の秘密だった。”

って結構過激な感じで書いてありましたけど。
ま、ドラッグと一言で言ってもピンキリで、“違法”とは書いてないけどね。
どのスポーツもやってんだから、そりゃやった方が良いでしょ。
出れなくなっちゃう選手いっぱいいいたりして。
そうなったら最悪だよね。またサーフィンのイメージ下がっちゃう。
こんな素晴らしい人間の集団なのに。もったいないわ。

で、ついでに書いてあった記事なんだけど、
この間ケリーが計算ミスで間違ってワールドタイトルをもらっちゃった件で
ASPのCEOだったBrodie Carrが辞職したそうな。
『オレが辞めます!』
『いや、それはダメだ!俺が辞めるんだ!』
って、ダチョウ倶楽部状態だったらしいわ。
で、その辞めたCarrさんのポジションが開いちゃったわけだけど、
まだプレスリリースも出してないのに、応募者殺到してるって。

『彼のポジションを引き継ぐのはサーファーである必要はないが、
サーフィンに情熱をもった誰かであることは確かだ。
元プロサーファーとかにはならないだろう。
ビジネスマインドを持った誰かをヘッドハンティング開始だ。』
だって。
誰か応募してみたら?

Source:Australian.com
http://www.theaustralian.com.au/news/sport/asp-to-introduce-drug-testing-from-2012/story-e6frg7mf-1226191172206


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。