年の瀬に寄せて楽しく生きるために、みなさんへのお願い

Advertisement




今日で2012年終了みたいですね。
最近日付の感覚がどうもおかしいようで、まったく大晦日気分にならないエリツィン編集長です。
どうもこんちわ!
今日はサーフィン乗り納めもできまして、
大晦日気分ではないけど、とても良いしめくくりになりました。
今日はうだうだと色々思うところを書いていたらなんだかちょっと長くなりましたが、
ぜひ、皆さんには最後までお付き合いいただきたく存じます。

さて。2012年12月21日で世界は滅亡するって話でしたが、
滅亡こそしなかったものの、ここ日本では先の選挙で信じがたい結果となりまして、
案の定、安倍総理が原発再稼働、果ては新たな原発を作る
とか言って、ここにきて俄然やる気を出していらっしゃいますね。

自民党が福島でこんなポスターばらまいてたの知ってますか。

ど~せ、
「福島県内の10基の原発は廃炉って言ったけど他の原発には言及してないもんねーっ」
って言うんでしょ( ゚д゚)、ペッ

いったいぜんたい、あの爺さん達の思考回路はどんなことになっているんでしょうか。
橋下のヤローまで(ごめんなすって。口がすべったわ)
今や手のひら返したように原発推進発言をする始末です。

もはや完全に理解不能でございます。生きている次元が違いすぎます。
日本が保有する原発の使用済燃料の量は世界で第三位
現在約20000トン弱あるそうですが、
1トンあれば近づいただけで人間が即死するという核のゴミを
どうするおつもりでいらっしゃるんでしょう。
とりあえず、いったんそれだけ聞いてみたいわ。
総理大臣に直接質問ってどやったらできんの?

いったいこの先どんなことになっていくんだろう。
と、この国の未来を考えると、全く光の見えない状態でございます。

———————————————————————————————————————————–

ところで、わたし11月終わりにハワイへ行ったわけですが、
あの開放的なエネルギーで心と体を満タンにしたあと、日本に帰国して感じるのは、
日本の絶望的なまでの閉塞感です。息苦しい感じです。
閉塞感という言葉が最もぴったり。どよよーん。って感じがしやしませんか。

あの震災では、皆が一つになって、やっと失いかけた絆が見えかけていたのに、
政治があまりにも超絶ひどすぎて、
「絆なんてあったところで結局何も良くなりゃしないんじゃないか」
っていう、あきらめと絶望感というんでしょうか。
このままでは非常にマズいのです。
日本中がこのままテンション下がりっぱなしはよろしくありません。

私自身、そういう絶望感を感じずにいられない瞬間もあります。
出来れば、こんな国から逃げ出して、ステキなイケメンでもみっけて
どっかあったかい南の島で、何も考えずにゴキゲンなサーフィンライフを送りたいわけです。
が、残念ながら、今の所そんな予定はなさそうなので、
仕方なくこのしょぼくれた日本で生きるしかないのですが、
では「どうすれば少しでもゴキゲンな毎日が送れるのか」を、
が今年最後のテーマでして、これが意外と簡単なので
ぜひ皆さんにも実践していただきたいと思い、
年の瀬のご挨拶に代えて書かせて頂こうと思います。

———————————————————————————————————————————–
それはですね、
余計な心配するのをやめて、楽しいことだけ考えて生きる(゚∀゚)━!!
って方法。
いかがでしょ。

ま、「俺様レベルになると心配事なんて全くないぜ!」って人には関係ない話ではありますが、
とにかく、常に、楽しいこと、嬉しいこと、気持ちいいこと、面白いことだけに
自分の思考のエネルギーを使うのです。
どこぞでみつけた名言。
「不安は想像力の間違った使い方だ」
その通りなんです。
想像力は、楽しいことのために使われるべきなのに、私たちは

これからどうなるんだろう。
将来安心してこの国で生きていけるんだろうか。
老後はどうなるんだろう。
子供たちはどうなるんだろう。
病気になったらどうしよう。

どうしよか。
どうすれば。
どうする。
三段活用じゃございません。
私達は、まだ何も起きてないのに、常に「どうしよう」モード。

そしてこの不安・心配に加えてもひとつやっかいなのが「怒り」です。
あいつが気にくわないだとか、
なぜあいつはあんなことをするんだとか、
いつだって誰かに腹を立てている人の多いこと。
だいたい、こういったネガティブな感情は、自分も周りもただイヤな気分になるばかりか、
考えても状況は何も変わらないわけで、抱いて得することは一ミリもございません。

ま、簡単なようで難しいんですけどね。
無意識でいると、自動的に心配事モードになりがちですから。
常に自分が何を考え、感じているか、意識的でいることがポイントになります。
心配モードになっても、
(あ、今あたし心配モードに入ってた(・∀・)!!)
って気づくことができればこっちのものです。
気付いたら、やめればいい。
やめて、楽しかったことや嬉しかったことに思考を切り替えるだけです。
こないだ乗った良い波のことでも思い出せば良い。
マインドトレーニング。精神鍛錬でございます。

で、無駄な心配をやめて、楽しいことをいっぱい考えていれば、
実は、楽しいことしか起きなくなるのです。
私はこの実験をはじめて以来、実際、ほんとに楽しいことだらけになってきてます。
まだ完璧じゃないですけど、今や「どうしよう」なんて思うことはほとんど起きません。
私が最強に「OH NO!どうしよう!」と思う瞬間は、
波があるのに、サーフィン行けない時くらいなものです。
だから、ぜひ皆さんも実験に参加して頂きたいのです。

どんだけ心配したって、どんだけ楽しいことしか考えなくたって、
どっちみち、せいいっぱい生きていくしかないんだから、
だったら、無駄な心配はやめようではありませんか。
自分の思考パターンをちょっと意識して変えるだけで、
意外とストレスフリーな毎日は目の前にあったことに気づきます。
これがみなさんへのお願いです。
皆さん一人一人がゴキゲンな毎日を送ることこそが、明るい未来をもたらす
私は信じて疑いません。

いや~。しかし、腹立たしいわ。じみんとう。消えてしまえばいいのにっ!
あ。さっきの自民党のもっとすごいお約束ごとを見たい方はこちらをどうぞ!
http://jimin-fukushima.jp/_userdata/46thseisaku.pdf
もはやヘンタイ的です。
結局わたしもまだ怒りのコントロールはできてないのです。(・∀・;)y-~~~

では、また明日!

今年最後のふじさん。


Advertisement