重要事項:みなさん自分のことは好きですか?

Advertisement




ハロー♪
五月なのに、なんかまだ空気が冷たいですね。
昨日FacebookのBeach Pressファンページにとてもきれいな星空の写真を
アップしたんですが、Facebookやっていない方もいるかと思い、
あまりにもきれいなのでこちらでもご紹介します。

ファンページでは、ネットで拾ってきたこういうきれいな写真もいっぱい紹介しています☀
Beach Pressファンページ
http://www.facebook.com/beachpress777

わたしは3年ほど前、メンタワイ諸島で、11日間ボートに乗ってサーフィンしまくる
っていう、素晴しい旅へ行ったんですけど、
その時にみた星空はまさにこんな感じでした。忘れられません。
誰かが、星がすごいから外においで!っていうので出てみたら、
目の前に広がってたのが天の川を中心に、信じられない数の星で埋め尽くされた空。
あまりにも感動しすぎて、見た瞬間に涙が怒涛のようにあふれました。
満点の星空は自動涙製造機。
私の涙腺は、きほん、音楽と美しすぎる自然の風景に超弱いみたいです。
この満天の星空見たことがない人、死ぬまでに、ぜったい、なにがなんでも見たほうが良いです。
日本でこんな星空が見える所知りませんか?

さて、お笑い禅問答の時間です。
人間っていうのは、日々心の成長のために生きていると思うんですが、
その成長はどこかで止まるものでもなく、一生続くものだと思うのです。
例えば愛する人を突然失う、とか、生死をさまよう、とか、
そういうドラマチックな経験をすることで急成長する人もいるだろうし、
日々小さな出来事の積み重ねで成長していく人もいる。

わたしも、ここでこうして、自分が経験して使える!
って思った思考テクニックをみなさんとシェアしているわけですが、
そのテクニックが誰にでも合うのかはわからないし、
更にいうならこのテクニックは別に私が考案したわけじゃなくて、
本をはじめ、自分で調査したことを実践してみたら、
お。これは使えるかも!って思ったことを紹介しているだけ。
他人の情報の受け売りです(笑)
でもきっとこれを読んでくれているみなさんは、
少なくとも、そういう段階に来ているということだと思うので、
ぜひ、ちょっとでも使える!って思ったら試していただきたいと思う今日この頃。

さて、ここ数日のキーワードは、「自己愛」です。
みなさんは、自分のこと好きですか?

わたしは根本的に、自分大好きっ子なので、常々、
「自分のことが好きじゃない人ってきっとすごく生きにくいんだろうな」
なんて思っていたわけですが、ここにきて、
「実は私って、表面的な自分Aが思っているほど自分のこと好きなんだろうか?」
っていう疑問がわいてきました。

わたしがこのブログを通してお伝えしていることって、、
根本の根本をたどれば、それは、すべて、
自分を愛していますか?というところに行きつくんです。

なぜ私は●●●になれないんだろう。
なぜあの人ばかり良いおもいをするんだろう。
とか、
なぜあのとき●●●しなかったんだろう。
なぜあのときあんなことしてしまったんだろう。

わたしたちが持つ心の問題は、簡単にいえばこういった
未来への不安と、過去の後悔に集約されると思うんですが、
それって、結局、現状に満足できていないわけで、
現状に満足できていないなら、今の自分を愛してはいないわけです。
そして、自分を愛していない=たぶん究極に生きにくい。ってことじゃないでしょうか。

つまり、私みたいに、I LOVE ME だと思っていても、
実は、深いところで好きじゃない自分がどっかにいるわけです。
だから、「あんた実はまだ本格的にI LOVE MEじゃないぜ!」
ってことを気づかせるために、いろんな人物が登場しては、
今の自分に不満を持たせるようなことを言ったりやったりしてくる。
(これは、先日の「他人は自分の鏡」の法則でお伝えしたとおりですネ)
感情的、外見的なこと含めて自分をまるごと好きにならなきゃ生きにくさは変わらないので、
登場人物たちは、きっと、感情的、外見的にそのあたりを攻めてきます。

で、それをそのまま感情的になって受け止めているあいだは何もかわらない。
けど、自分Bを登場させて、俯瞰的、客観的にその登場人物の発言と、
その発言にたいして抱いた自分の感情を観察するんです。

こんなストレートに言ってくれる人もいないかとは思いますけど、たとえば、
「あんたってぶす。」
って言われたとするじゃないですか。
ふつうなら、「ガーン((((;゚Д゚))))」ってなって、さらなる自己否定に入るところですが、
自分Bの視点から考えるわけです。
「なんでこいつはわざわざ私にブサイクって言いに来たんだろう」と。
その時に抱いた感情が自己否定ならば、きっとその登場人物は、
あなたに、自分をもっと愛することを思い出させるために登場しているだけ。
別に、ほんとにブサイクなんじゃない。
いや、ブサイク、ブサイクじゃないは個人の美意識によるのでわかりませんが、
問題はそこじゃないわけ。

こうやって、大きなことから小さなことまで、
日々私たちの人生で起きては感情をゆさぶる出来事を、冷静に客観視するんです。
その状況や人物に感情的になるのではなくて、一歩さがって分析する。
全ては最終的に、そのままの自分をまるごと好きになるため。
わたしがやってみて一番使えるテクニックです。

これができるようになると、何が起きてもほとんど動じることがなくなります。
いかに素早く、感情の波から抜け出して、分析をはじめられるか
まずトレーニングしなきゃならないのはそこですね。
今から早速トレーニング開始してみてくださいませー。


Advertisement