還暦のビギナースケーターがスケートを続ける理由がかっこよすぎる

Advertisement




すばらしいビデオをみつけたのでぜひ。
tumblr_n4g3h1WYFl1qz7wfjo1_1280
還暦のビギナースケーターニール・アンガーさんのショートインタビュー。
あまりにもステキだったので下に訳しました。


ミュンヘンのスケートパークにて。

ぼくがスケートボードを通して知りたいのは、
心の静けさをどれほど維持することができるのか、
その静けさをどこまで深められるか、
そしてそれがどれほど素晴らしい気分かということだ。

はじめてスケートに出会った瞬間に、これはやるしかないと思った。
スケートはぼくの頭の中のおしゃべりを止めてくれたんだ。そしてそれは最高の気分だった。

ところでぼくはスケーターとしてはまだビギナーだ。
基本的なトリックもぜんぶできるわけじゃない。
基本トリックの10-20%くらいしかできない。

ぼくは、スケートからエネルギーを得ることで、
もっと筋力をつけたいとおもうし、
年をとってスケートにはまるっていったいどんな気分かって、そりゃ最高の気分だ。

スケートを通してぼくは感情と創造のプロセスについて多くのことを学び、
それを人生のいろんな場面に応用することができるようになった。
友情や家族、そして悪い習慣を断ち切ることなどね。

ぼくがスケートをつづけるのは、不可能はないってことを見せたいからだ。
もっと強くなって、体の状態もよくなって、
よりクリエイティブになることは可能なんだってことを。

でも一番のゴールはずっとスケートしつづけることだ。毎日ね。
スケートはぼくの思考の一番興味深い部分を経験させてくれた。
それを人生のほかの部分で応用していくんだ。
これからどれほど健康になれるか、
そしてどれほど年をとっているようにみえようが、若々しくいられるかが楽しみだ。


なんてステキなんだろ!
このビデオのはじまりに出てきたニールさんを見た瞬間、
(年取ってるようには見えるけど、中身は超ヤングだ!!)
って感じました。
やっぱり、内側が若ければ、放出されるエネルギーも完全に若い。
そんな感じ。

News_NEAL-UNGER

わたしはサーフィンは自分の心を観察する時間だって言ったけど、
スケートも一緒だね。
きっと、どんなスポーツでも、っていうか、
たぶん、自己完結型のスポーツって、じつは突きつめると、
ぜんぶそんな時間だったりするんじゃないかと思った。

Neal-Unger-600x300

Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。