自然欠乏症の治療法

Advertisement




世間では、毎日残酷なニュースが流れまくってるようですが、
今朝の茅ヶ崎も青くて美しかった。
今年の冬は、ホントに海がキレーでうれしい。
富士山はいませんでした。
P2079985

P2079990 P2079979

知り合いに読んでみてと言われた本。
GO WILD 野生の体を取り戻せ! ―科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

帯にはこう書いてあります。
「文明に飼いならされた生き方はもうお終いだ」

内容を簡単にいうと、現代人は自然欠乏症という慢性病にかかってるってこと。
人工物まみれな食生活。
自然の中に出て体を動かすことのない生活。
夜になっても暗くならない生活
あらゆるストレスを解放することができない生活。

外に出て体を動かし、本来あるべき食生活をして、瞑想を取りいれ良質な睡眠を確保する。
自分も地球上で循環する自然の一部であることを思い出し、
できるだけそれに近い生活をすれば、心も体も健康でいられる。
というハナシを科学的に分析した本です。

まさに最近のテーマなんですが。
たとえば、長時間パソコンや携帯電話をつかっていると、
わたしは脳みそがかゆくなって、目が痛くなってきます。
電磁波過敏症っていうのもあるみたいですが、、
「電磁波なんて日常生活してたらそこらじゅうにあるわけで、電化製品は基準値以内だし、気にしすぎ。」
と言われるのが関の山だそうで。

そりゃ、その通りで間違いないんですが、
「気にしすぎ」ではなく、あきらかに違和感を感じる人も多い。
頭痛、肩こり、眼精疲労、不眠。
原因は複合的なものかもしれないけど。
化学繊維でできた洋服を身にまとい、電気に囲まれた室内で長時間すごしていると、
どうしても体に電気がたまってくるのは避けられないんだって。
整体の先生いわく、大地に直接触れることで、放電できるそうで、
定期的に海に入るサーファーは、普通の人より電気のため込みは少ないみたいです。

波がない日は、近所の海沿いを小一時間ほど散歩することもあるんですが、
行くたびに思うのが、散歩&ランニング人口の高さ。
しかも、じいちゃんばあちゃん率が異様に高い。
P2079992

晴れた日の週末なんて、季節に関係なく、ビーチはサンパーとランナーだらけです。
週末は若者率も上がりますが、平日なんて、
海沿いにはほんとに、じいちゃんばあちゃんしかいません。

やっぱり、外に出ると気持ちいい。
で、海に出れば、遮るものがない空が広がってる。
これがまた気持ちいい。
だから海はいつも人だらけ。

近くに自然がある生活ですよ。やっぱり。
都会でも、近くに大きな公園とかあればいいね。
そして、とにかく積極的に外に出る。
走る、歩く、泳ぐ、体を動かす。
これだけで、ぜんぜんちがうから。
文明と共に生活していても、探せば自然は意外とあるわけで。
どうしてもない。なら、引っ越すという選択も
やぶさかではないほど大事なことだと思う。
文明に飼いならされるのではなく、
そこから外に出ることを、定期的に、意識的にやっていけばいいと思う。

ぜひ!


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。