サーファーってなにと戦ってんの

Advertisement




3日目?4日目?今日も波がある湘南。
太陽がまぶしすぎるので今日は休憩です。
また週末に上がりそうな予報出てたなー。
すっかり波のある街になりましたネ。ナイス!

あ。急に宣伝です。この時期サーフトリップも多いと思いますが、
水着とワンピースたくさん入荷してますので、トリップのおともにぜひ。
http://www.tropicofparadise.com/

ところで!
先日の、
【感情解放実践シリーズ3】感情と自分を切り離すトレーニングで、ケンカがバカらしくなるわけ。
で書いた、この部分。を、昨日さっそく実践してしまいました!

内面に感情をため込むことの、もっとも困った側面は、その感情はエネルギーとなり、まわりの人が潜在的にもっている同じエネルギーと共鳴し、相手のそのエネルギーを目覚めさせてしまうことです。つまり、自分が怒っていれば、周りの人間が潜在的にもっている怒りエネルギーを発動させてしまい、怒りの連鎖がはじまっちゃうってことです。ヤでしょ?

もーね、その瞬間は怒りでプルプルしてたんですが、後からよく考えてみたら、
自分でいったことをそのまま忠実に再現していただけだったことに気づき、苦笑でした。

なにが起きたかと言いますと。
昨日は起きて波チェックしたら、腹くらいは波が残ってたので
とりあえず、ちんたら準備しはじめたのです。
ウェット着替えて、日焼け止め塗って、さあ出発!
と思った瞬間に、ある重要な事項を思い出した。

「あれ。展示会用のカタログ、印刷屋に入稿したのに、納期の連絡が来てないな」

と。もうかれこれ1週間も前に入稿したのに、その連絡が来てない。
ので、ウェットのままデスクに戻って、印刷屋にメールしたら、すぐに返信が。

「ご入金がまだなので、もちろんやってませんよ!」

えーーーーーーー!!
納期が長いほど割安だから、めっちゃ前もって入稿したのに意味ないやんけ!!
焦りたおし、とりあえず支払いして至急作業してもらうことに。
結局、納期が短くなったので、ちょっと割高になった。

で、まあ、自分が悪いんですよ。基本的には。
いつものごとく、てきとーすぎる自分にまずイラっとし、
そのあと、別の怒りがわいてきました。

(データ入稿してあんのに、一週間も入金なかったら、催促の連絡くれてもええんちゃうん!)

って、完全に「自分は悪くないモード」に突入しまして。
で、そのイライラモードのまま、
まあええか!割高ゆうても数千円やし。波あるしサーフィンいこ~。
と出かけて行きました。

———————————————————————-
サイズもないし、ツインフィンもって、家の前でまったりサーフ。
の、ハズが、平日なのに、今日はやたら人が多い。
いつものように、できるだけひとけのないスポットさがして待機。
乗れそうな波が来たのでパドルをはじめたら、
インサイドぎみで待ってたメンズが、おなじ波にパドルしはじめた。
レフトにしか行けない波で、メンズは私の左側でパドル中。
まあ、前乗りポジションなわけです。
しかも、超接近戦!
(え?ち、ちかすぎね?!)
と思って顔見たら、般若の形相じゃないですか(・∀・;)
般若顔で、わたしの50cmくらい隣で鬼パドル。
あまりにもびっくりした、そして、萎えたので、
「ちょっとー(╬ ಠಠ)」
って言いながら、乗るのやめたら、般若も乗れなかった。

般若があまりにもおかしなバイブス出してるので、出来るだけ離れた。
のに、わたしに「ちょっとー(╬ ಠಠ)」っていわれたのが気に食わなかったのか
般若からは、さらにおかしなバイブスがビンビン出てきてる(-ε-) 。

本気で近寄りたくなかったので、
般若から相当離れた場所からつぎの波にテイクオフしようとしたら、
なんと、般若、さらなる鬼の形相でこちらにパドルしてきて、
こんどは、これぞスネーキングの手本!!
みたいなスネーキングされました♨

このしょぼクサい波で、なんなのあんたはー(・皿・`;)
って、まぢで、ブチ切れそうになったんですが
そこで、いつものように、自分の怒りっぷりを客観視してみたんですよ。
すると、朝からずっと怒ってることに気づいた。
しかも、すべて、「自分は悪くない。あいつが悪いモード」です。
そしてその瞬間ハッとしました。
「あ、これが、もしかして、自分の怒りのエネルギーが、
相手が潜在的に持ってる怒りのエネルギーと共鳴し起動させるってことじゃね?!」

そっかー、こういうことか。
完全に、怒ったまま海に入ってましたからねえ。
そして、なぜかあの般若も最初からすごい怒ってた。
なんか、自分が怒ってると、不思議なくらい
まわりにも、怒った人ばっかりな感じになってくるんですよ。
昨日の海はそんな感じだったわ。

tumblr_napibvR8Wv1sxza5lo1_1280

ん~。実験成功じゃねえか!
気分は悪いけどよー。
それにしても、あのスネーキングは、今思い出しても腹立つわ~。

昨日は、ブロガーのAYUも、別のポイントで前乗りされまくったらしい。
ほかの女子サーファーも、同じようにつねに邪魔されることボヤいてた。
何度でも言うけど、女と子供の邪魔するサーファーはウンコ(・ω・)ノ
まあ、残念ながら、じっさいたいていガニ股なんだよね。ウンコサーファー。
ま、わたしもつい先日そのウンコになったばかりですが(゚∀゚;)

あ~あ。
先月号のサーファーズジャーナルでクリスチャン・フレッチャーが言ってたよ。
サーフィンは、2-3人しか入ってないポイントに入って行っても、
邪魔者が来た。みたいな感じで見られる。フレンドリーじゃない!
って。

ほんとそう思うわ。
必死すぎるわ。ほぼ全員。
なにと戦ってるんやろか。っていっつも思います。
気をつけよー。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。