茅ヶ崎無法地帯

Advertisement




久しぶりにテレビを見たんですが、
CMとかで、ちょーナチュラル風を装った女優とかが、
化学薬品マンタンな化粧品とか、
毒盛りの食品やドリンクの宣伝に出まくってて、
ホント、カネがもらえればなんでもいいのかよ!
って思いました。笑。
THE洗脳マシーン!
洗脳マシーンだと思ってない人は、ホント気をつけたほうがいい。
あぶなすぎる!

ところで、これ、ちょっとまえに、ちょっとだけ波が上がった時に撮った写真
茅ヶ崎無法地帯!笑。
20150329_091716_HDR

キケンな人間模様が写ってたので分析してみました(・ω・)ノ

uff01x28

1.こんな波だからまあ、アレだけど、リーフとかでこれやられると、波が崩れちゃうから、もっともやめてほしい行為ナンバーワン。なぜ行こうとする・・・。

2.THE前乗り。なぜ行こうとする・・・。ガマンしなさい。ガマンを!

3.まちがったことはやってない

4.どっちにいくつもりかしらないけど、(向かって)右へ行った方が幸せなライディングが待ってる。が、こういう人って、たいてい、3に前乗りされてる気分になってるから、追いかけるんだよね。そんで、結局つまんないライディングで終了。笑 反対行けば優雅なライディングができたのにね。みたいな人が多いわ。

5.ぼーっとしてないで、すみやかにアウトに移動したほうがいい

6.2が乗っちゃったらもっともかわいそうな運命。だから、前乗りはあぶない。沖へ向かってる人は、どのサーファーがどの方向へ行こうとしてるかを見極めながら、避けられるルートを探してるわけで、2のような特攻隊が突然現れると、逃げられなくなる。写真じゃじっさいの位置関係はよくわかんないけど、ま、本来は3の右側を通って出たほがいいけど。

サーフィンって、こういう感じで、瞬時の判断力を養わないとすごくキケンなこともある。一瞬の判断が天国と地獄の分かれ道~。やっぱ人生と一緒だな。笑。

20150329_084656

Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。