エンパスって知ってる?

Advertisement




今日は午後から急に波上がった。セット肩くらい、ですごいいい波だったけど、すぐに潮上げてイマイチになっちゃった。ま、こんなタイミングで、おっしゃ~、海行こう!ってできるのは、自営業の特権ですわ。みなさん早くこちらへおいでやす!

みなさん、エンパスって聞いたことあります?日本語では、共感力と訳されていますが、ひとことで言えば、他人の感情が必要以上にダイレクトにわかってしまう人のことで、日本人には5人にひとりくらいが、このエンパス体質だといわれてるそうです。

エンパスにもいろいろあるようで、たとえば、人の体の不調が直感的にわかるとか、その不調を自分の不調のように体験してしまうとか、他人の感情が瞬時にわかるとか、その感情を自分の感情のように感じてしまうとか、最強になると、人の内面をそのまま体験できる人とか。気になる方はこのサイト見てみて。
http://www.empath.org.uk/empath/type.html

で、わたしは自己分析した結果、たぶんこの中の感情直感型ってやつ。親しい友人から電車で目の前に座ってる疲れたリーマンまで。わかっちゃうんですよ。表面的には笑顔な人でも、内面でものすごいドロドロの感情が渦巻いてるのが直感的にわかるから、そういう人を見てるとイラッとするw 「うわべだけ笑ってんじゃねーよ」的な。たまに指摘したくなる。「あんたホントはちょー不安でしょ!」とか「じつはすげー何かに怒ってんでしょ!」って。人間関係にひび入るんでやめてますが(´・◞౪◟・`)

だから、人がいっぱいいるところ本気で苦手です。だって、だいたいほとんどの感情があんまりポジティブじゃないもんで。人がわさわさいると、ありとあらゆるマイナスな感情が渦巻いてるのがわかるから、まぢ、それこそめまいです。

むりー!

だからひとりでいると、心より落ち着きます。揺さぶられないんで。でもずっとひとりっていうのは寂しいんですわ!ここがややこしい。人といると疲れるけど、あまりに人と接しないとそれは寂しい。ので、たまに人ごみ確定のイベントなんかに突入してみたりしますが。だからサーフィンも基本ひとりでやってたい。知りあいに囲まれるのとかあんま得意じゃないw

いろいろ分析してみたんですが、何が疲れるって、自分をさらけ出してない人が疲れる。心の中にいっぱい溜めすぎてて、その重みが疲れるのと、そういう人って、たいてい表面的にはすげーハッピー!みたいなのを取り繕ってるので、そこにイラっとしますw 

それから、気を使いすぎる人。気使う人って、たいてい根底に「嫌われたくない願望」があると思うんだよね。これしないと嫌われる。あれやったら好きになってくれるかな、と。そんなに気使わなくてもそのままで嫌わないからだいじょうぶだよ。って言ってあげたいけど、めんどくさいからだいたい言わない(笑。

あと、人のエネルギー吸い取りに来る人も。嫌いじゃないんだけど、この人と会うとなんか疲れるわー。そんな人いません?たぶんエネルギー吸い取られてるよネ。人間は基本、無意識にエネルギーのやりとりをしてるんだけど、生きることにつかれていたりすると、つねにエネルギー不足になるので、不足分を他人から(無意識に)取ろうとするんです。で、わたしみたいに、結界?の張りかたわからないと、エネルギーダダ漏れでどんどん持ってかれるから、すごく疲れる。ま、そういう人とは極力会わないけど。

ただ、意識にはもともと境界線などなく、肉体が境界線的な役割を果たしているにすぎないので、境界線がどんどん薄くなっている今という時代には、こういうエンパス体質の人が増えてるのも仕方ないみたいネ。トレーニングして、他人の感情にいちいち反応するんじゃなくて、どんどん流すことが大事らしい。けど、なかなかむずかしい。しまいには自分の怒りなのか、相手の怒りなのかわからなくなることもあるんで、一部感情ワンネス型でもあるかもしれません。だれか結界の張り方おしえて!!

やっぱこっちがいいわ~
P4170640


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。