安保法案強行採決をひもとく

Advertisement




いんや~いそがしーッス!
水着は来るわ、波もあるわでおおわらわ!ですわ!
日焼け止めもそろそろ来ちゃう。
それにしても昨日はなんとも夢見が悪かったな。
なんか、モンスター的なものから必死に逃げて、見つからないように隠れてんの。
で、やべー!ちょー見つかっちゃう!!って瞬間に目が覚めた。
起きた瞬間、心臓ドキドキしながら、「つーか、これ仕事に追いかけられてたなw (๑⊙ლ⊙)ブッ」
すぐに意味がわかったさ~。

今日も波あり。ちょっとオンショアだったけど、
一本ちょーいい波乗ってやりましたよ!一本かよ。量より質ですから。
堤防脇に入ってきて、間に合うかギリギリだったけど、どりゃーーーーー!!っとパドルしたら、
ちょーロングライドできるいい波でした!
パドルバックしながら、みんなに「いいの乗ったねー^^」
って言ってもらえて、それだけで、ストレス消えるわ。
今日は追いかけてくんなよ~モンスター。

あ、今日も夕焼けけっこうキレーでした。
P7151695

しかしなんですね。日本はどーなっちゃうんでしょうか。
政治ネタは、それはまあいろんな意見をお持ちの方が多いので、
SNSでたまにちょっとだけ毒づく程度にしとかないと、
自分の主張を公にしようものなら、
「おめーは間違ってる!バカでねーのか!」的な扱い受けますからね。
めんどくさいエゴの争いには参加したくない今日このごろ。笑。
いろんな意見があっていーじゃん。って思うけど。
ま、難クセつけるためだけに、ネットパトロールしてるような方もいらっしゃるみたいですし。
ヒマかよ。

今回の安保法案強行採決にしろ、原発再稼働にしろ(川内原発とか着々と再稼働への準備してんのよ)
なぜ、これほどまでに国民の意見が完全に無視されるのか!
その謎を解きたい方はこちらの本を。
どうしてこんなにすべてが勝手に進んで行くのかが気になる人は
ぜったい読んだほうがいい。気にならない人がいるなら不思議ですが。
読んでも打開策はよくわかんないけど、国民不在の政治の謎は解けます。
ひじょうに残念な感じではありますが。
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

 

で、今の日本のこの状況をわたし的に分析してみたんですが、
けっきょくたどり着くのは、感情と向き合うことでした。

意識には境界線などない。という話を以前したと思いますが、
境界線がないということは、じつは意識はひとつしかない。
ただ、人間の皮をかぶってるもんだから、個別の意識があるように見えてるだけです。
その個別の意識がそれぞれ向き合わなければならない問題を抱えていて、
同時に、その個別の意識が小さな集団をつくっていきます。
家族、学校、会社、地域、国。ってふうに。

わたしは、そのそれぞれの集団的意識にも、
集団として向き合わなければならない課題がそれぞれにあると思うんですよ。

家族はその家族なりの。
学校や会社はその集団なりの。
国は国なりの。
そして、果ては地球全体の集合意識として
乗り越えなきゃならない課題があんだと思うんだよね。

たとえば、わたしは怒りや不安とすごく向き合わされる。
で、ちょっと大きなグループであるわたしの家族を客観的に見てみたら、
みんな同じような問題を抱えてるんですネ。
わたしの家族は、怒りはもちろん、感情表現がホントにヘタで、
みんな全部自分の中に閉じ込めるのが超得意です。笑。

そういう視点で日本と言う国を見てみるとおもしろいと思うんだ。
(現実はまったくおもしろくないんですが。)
原発、震災後の被災地のこと、集団的自衛権、安保法案など、
さいきんの象徴的なテーマにたいして、わたしたちは、
日本国民という集団的な意識として何を感じ、どう反応してるのか。

わたしが客観的に分析するかぎり、怒ってる人がすごく多いと思うし、
あとは、なにごともないかのように、見て見ぬふりをする人でしょうか。
日本人はやっぱり感情表現がヘタだなあと思います。

いつもこのブログで、感情解放していこ!って言ってるように、
集団的意識として、日本人が向き合わなければならない部分を解放していけば、
国や政治が変わっていくと思うんですよ。
それをしないかぎり、おなじ学びが延々つづく。
現につづいとるがな(๑⊙ლ⊙)ブッ

ただ、こういう感情を揺さぶられるできごとが起きるたびに、
たまっている感情を吐きだすことはできる。
今回の強行採決では、きっとだれもが
日本国民としていろんな感情を感じさせてもらってるハズで、
あとは、そういう感情を持っている自分をまるごと受け入れるだけ。

で、そのために一人一人ができるのは、自分の感情と向き合うこと!
これしかない。
デモに参加する人、政治に参加する人など具体的に活動している人をみていると、
自分には何もできない。なんて思ってしまうことも多いですが、
ちがーう!やることはある!自分と向き合う!

だと思うんだがねー。
どーかね。

ま、ほとんどのみなさまは、
「あまったりーこと言ってんじゃねーよ。そんなんで変わるわけねーだろ!」
って感じなんだろーけど。

あたしゃ真剣なんだよ。どこまでも。
これを、一人でも多くの人が理解してくれたらなあ、といつも思ってます。
世界平和のために。
感情と向き合うことは、個人ができる最大の平和への貢献だと思う。
マヂなんだけどな。

あ、さいごに。安保法案にかんして、このビデオちょーおもしろい。
8分くらいなんで、ぜひごらんを。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。