願いごとがない

Advertisement




まあ、ないわけじゃない。
唯一の願いごとといえば、死ぬまで健康で生きたい。くらいですかね。
長生きしたいわけじゃなくて、明日死んでもいいから、それまで元気でいたい。
しかし、以上!!

頭の中が猛烈にシンプルになってきてるんですけど。
なんなんこれ。
数年前までは、願いごとだらけだったのに。

もっとお金がほしい。
水着いっぱい売りたい。
すきなときに旅行行きたい。
ビーチプレスのアクセス伸ばしたい。
不安や心配なしに生きたい。
イケMENと出会いたい。

新月になると、こんな願いごとを真剣に書いてたもんだw
それが、今、叶えたいことはあるかと聞かれたら、
正直、ない!

願いごとが叶いまくったから願いごとがなくなった、
というのではないんだな。
願いごとしまくってたころと比べて、
劇的ではないものの、ゆるやかな変化はつねにある。
しかもありがたいことに、よい方向への変化。
でも、基本、数年前とやってることはそんなに変わってない。
にもかかわらず、叶えたいことがあんまりない。

すべてこのままでいいというか、
変化を積極的に求めなくなったというか。
自分でも、この感覚が不思議なんですけど。
なんせ、ちょーお願いごとだらけだったから。

人間関係も
仕事も
健康も
遊びも
自分も

じつはすべて、最初からそのままで完璧だった。
無理に変えようとするから、逆に変わらない。
潜在意識的に言うならば、
何かを変えたいと思う=意識の根底にあるのは今のままじゃだめなんだ。
という思いなわけで、けっきょく、
「このままじゃだめだ」
という意識に支えられてるかぎり、なにを願い、変えようとしても
「このままじゃだめだ」
という現実が投影されつづける。って感じだとおもうんだよね。

だから、いまこの瞬間がつねに最高だという状態にいることができれば、
つねに最高の瞬間が現実に投影されはじめる。
だから最近波がずっといいんだな。きっと!

あとさ、最高な瞬間の連続を生きるためにもう一つ大切なこと。
自分を変えれば周りが変わる。って、わたしもよく言うけど、
これって、じつは、逆だったわ。ごめんw
だれもが自分のイヤな部分を変えたいと思うのがあたりまえだけど、
そじゃなくて、イヤな部分こそ自分だと受け入れることが、
じつは自分を変えることだと思う。
自分を変えるとは、今のままのウンコな自分をそのままでヨシ!とすることでした。

よき妻、よき夫になりたい
よき父、母になりたい。
よき娘、息子になりたい。
よき友人になりたい。

じゃなくて、
家事も掃除もできない妻でいい。
仕事ばかりで家庭省みない夫でいい。
威厳のない父でいい。
つねに子供にイラつく母でいい。
両親が嫌いな娘でいい。
家業をつがないダメ息子でいい。
友人に嫌われる友人でいい。

こんな感じで、自分で勝手に課した役割から解放されると、
あんれま~。すべてがこのままでいい、どうでもいい毎日が出現します!
この、ドラマチックさが一ミリもないフラットな感覚、
不思議な感覚だけど、いい感覚ですよ。
死ぬまで淡々と生きるだけなんだろうな。って感覚。
なにより、健康になる。これまちがいない。

興奮すんのは、いい波乗っちゃったときだけだな~!
あ、願いごとあったわ。
サーフィン上手になりたい・・・。

tumblr_nuvob1zBwQ1qdvmwxo1_1280

Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。