お金と正く付き合うための7つの方法

Advertisement




もう10日も前から、仮装した子供を街中でみかけるから、今年のハロウィンは平日なのかな、なんて思ったら、土曜やん。ふつーに休みやん。日本人だけだよ。ハロウィンを10月半ばくらいから祝ってんのw ハロウィンは10月31日だってば。あの一日のために準備すんのが楽しかったんだけど!

今日はまたお金の話を。大事なことですので、定期的に書きたくなります。ちょっと長くなっちゃったけど、実践的な内容なのでぜひ。

わたしは10月も半ばをすぎるとすっかりヒマになります。なんせ、ベースが水着&日焼け止めの販売なもんで、収入激減ですわ。強制的に自営業になってしまってから最初の3-4年は、毎年この時期になると、お金がなさすぎて眠れない日がつづいてました。まぢで、日に日に目減りする銀行口座を見るたびに、ギョギョー。夜中に不安で目が覚めては心臓バクバク、あと何日生きられるんやろ・・・。オーダー入るんやろか。な毎日。

を送っているうちに、とにかくこの、頭の中がお金の不安でいっぱいすぎる状況はよくない。という結論に達しまして、そこからわたしのお金トレーニングがはじまった。

物質的な豊かさはこころの豊かさほど大切ではない。といまでも思うし、事実、物質的に豊かなのに、まったく幸せそうじゃない人もいる。ただ、この地球という三次元社会で生きていくには、ある程度、物質的な豊かさをもっている方が生きやすいですし、豊かさは分配することもできる。

というわけで、お金の呪縛から解放されるために、わたしはまずお金にかんする自己啓発本や精神世界の本などを読み漁ってみた。結果、どの本にも共通していたのは、お金はエネルギーで、無限にある。そんで、エネルギーだから自分のところでせき止めるんじゃなくて、循環させなきゃいけない。ということでした。

は?無限ちゃうやんけ。

って思ってましたが、とりあえず、何人もの人がおなじこと言ってるので、たぶんまちがいないんだろうという前提に、自分にかけられたお金ブロックを解く旅がはじまった。わたし個人の体験なのであてはまらない人も多いと思うけど。参考になれば。

お金はただの数字で、キリがない。幸せになるのにお金が必要なら、その追求は一生終わらない

“お金はただの数字で、キリがない。幸せになるのにお金が必要なら、その追求は一生終わらない”

1.お金に対する自分の態度を検証する。
まずはこれです。自分はお金に対してどんな感情を抱いているかを客観的に分析します。わたしはとにかく、お金は汚いものだという信念に支配されてました。清貧こそ美徳で、たくさん持ってはいけないものだと思ってることに気づいた!これはマズい。潜在意識がお金は汚いと思ってましたので、そりゃ、無意識にお金を寄せつけないようになるわけですわ。お金に対する潜在意識の態度が、収入を左右すると言っても過言ではない。現に、カネカネ言ってる、お金大好き人間ほどお金入ってくること多いですからね。現在、希望の収入になっていないということは、潜在的にお金の流れを拒否してるといえる。

2.信念を書き換える
お金=汚い。という思考に頭が支配されそうになるたびに、まず、そう思ってる自分に気づきます。そして、そのたびにある本に書いてあったこの一文を思い出すのです。「豊かさは罪ではない」。だれもが豊かで幸せになるために生まれてきた。逆に、貧乏は罪。この考え方に居心地の良さを感じるようになるまで、この作業を繰り返しました。

3.お金を払うときは感謝する
あらゆる請求書の支払い、買い物をするときには、心から感謝してからお金を払う。支払いをするというのは、つまり、自分が受け取った商品なりサービスというエネルギーに対する物理的な表現。すでに受け取っているものなのに、それに対して、(これ払ったらお金なくなる・・・)という不安や心配のエネルギーをまき散らしていたら、それは単にその不安エネルギーを増幅させるだけ。つまり、つねに支払いが不安でなければならない状況を自ら招くことになるワケです。だから、お金を払うときは、つねに感謝する。支払う前に、心から感謝していることを確認する。

4.他人の成功をこころから喜ぶ
わたしは妬みや羨みの感情がとても強いので、わたしにとって他人の成功を喜ぶというのはとても難しいことでした。しかしですね、これも、あらゆる人が言ってたことなんですが、身近なだれかが成功するというのは、「アンタにもこうなる可能性があるよ!」という、うちゅーからのメッセージに他ならない。だからこそ、それを目の前で見せてもらうたびに、自分もその人にどんどん近づいている証であるわけですので、我がことのようにとりあえず喜ぶ!です。妬めば妬むほど、妬まなきゃならない状況がつづきますヨ!

5.お金の不安の根本を探る
いったいお金がなくなったらなにがそんなに不安なのかを徹底的に分析します。お金の不安って漠然としたものが多いと思うんですが、その不安に具体性を持たせます。私の場合は、究極のところ、ホームレスになって野垂れ死ぬことでした。やっぱ死の恐怖なんだな。みたいな。でも、そこまでたどり着いてみたら、たぶん、家族や友達もいるし、野垂れ死にすることはないだろうという結論に達した。

6.不安を感じきる
漠然とした不安の根本がわかったら、その不安をとことん感じきります。夜中に不安で目が覚めたときとか、そのまま、不安にどっぷりつかってみることを何度も繰り返してみた。ただ、このとき、不安な感情と自分を切り離すことが大切。不安な感情は単なる感情というエネルギーで、本当の自分ではないことさえわかっていれば、その不安に押しつぶされることはないですから。客観的に、不安を感じ、観る。です。

7.計画性を持つ
循環させることは大事ですが、無い袖は振れないので、不安になりながら大盤振る舞いする必要はない。豊かさを自覚ができるようになってから、好きなだけ大盤振る舞いすればいいわけで、そうなるためには、やはり計画性が必要。自分がいくら持っているのか、だいたい何にいくら位使っているのかを具体的に把握するのは大事だと思います。わたしは確定申告のおかげで、だいたいの内容がわかるようになりました。私の場合は利益の中から翌年の資金をプールしなきゃならないので、バカスカ使ってたら大変なことになるし、なによりムダを省けるようになった。

やってみて効果があったと実感できるのはこれくらいですかね。新月になると願いごとリストにいろいろ書いてたこともあったけど、あれって、書くだけで、フィーリングがなかなか伴わないからむずかしい。とにかく、フィーリングが大事なんすよ。ほんとうに感謝する気持ちとか、喜びの気持ちとか。上記の方法だと、具体的に感謝や喜びを感じられるので、願いごとを書くよりも潜在意識の書き換えが早い気がする。

まあ、そんなこんなで、最近だいぶん豊かさは無限だと思えるようになってきた。べつに、大金稼いでるわけじゃないけど、出せば戻ってくることが分かってるから、お金を払うことにまったく抵抗がない。ゼロプレッシャー。数年前のわたしには考えられない状態です。

そして豊かさは、お金として戻ってくるだけじゃない。わたしの場合は季節の食材を友達が持ってきてくれたり、ごはんをごちそうしてもらったり、単発の仕事が急に入ったり、がすごく増えました。豊かさがいろんな形でもどってくるようになります。

でも、だからこそ、払う対象にはものすごく気を使いますよ。気分よく払えるものにしかお金使いたくない。心を込めて作られてるものとかサービスを意識的に選ぶようになるよね。そうすれば、(こんないいもの頂いちゃっていいのかしラララララ~♡)って、エクストラ感謝しながらお金を払える。

ほんとに、いちどこのサイクルに入ってしまえば、お金にたいする不安や心配が劇的になくなります。数年前までひと一倍不安まみれだったわたしがこーなってんだから、だれでもできる。不思議すぎるけど、トレーニングが必要なだけ。お金に不安があるときって、お金と向き合うことさえ不安になるもんですが、まずは、正面からお金と向き合うことですわ。ってなブログを書いてたら、「未払い請求書のご確認」的なメールが来てドキー!!相手のまちがいだったけど、まだまだだなw Good Luckあたい!


Advertisement