波乗りジプシーのすすめ

Advertisement




腕のびりびり治ってないけど、波上がったのでサーフィン行ってみたら、ひさしぶりに楽しかったです。

こんちわ。

そうそう。メルマガ一発目のネタができました。オカルト話になりそうですw わたしがなぜサーフィンやってるのかがわかったので、その話にしようと思ってます。オカルトすぎて一般公開不可(笑。あたしがなぜサーフィンやってるかなんてどーでもいいと思うけど、なかなかおもしろい話なので、ご興味あればぜひご登録を。ま、いつ書くかはまだわかんないけど。忘れる前に書くよ・・・。

ご登録はこちらから

Beach Pressメルマガ登録
登録 解除
powered byメール配信CGI acmailer

ところで。みなさんサーフィン行くときは一人が好きですか?だれかと一緒にいきたい派ですか?いつも同じポイントばっかり??いろんなポイント入る派?

わたしはハワイでボディボードをはじめたころから、ずっと一人でジプシー派です。当時知り合いもいないし、とにかく波乗りしたい一心で、唯一知っているポイント、ワイキキへ毎日通ってた。しばらくすると、海にはほかにもいろんなポイントがありそうだということに気づき、ほかのポイントにも入ってみたくなった。そこで、ワイキキからいちばんアクセスしやすかった、ちょっと東のウォールズへ行ってみた。ロングボーダーだらけのワイキキとちがって、ボディボーダーしかいなくてびっくりした。

ここから私のジプシーライフがはじまった。他のポイントに行くにも、どこにどんなポイントがあるのかまったく分からない。とにかくチャリンコで走りまわった。ワイキキからポイントを探して走りまわって、マジックアイランドに到達してみたものの、波はワイキキみたいに目の前でブレイクしてなくて、遠くでブレイクのは見える。でもどこから入ったらいいのかもわからないので、しばらく眺めて諦めて帰った。

ある日、大学の同級生が、ヒルトンハワイアンビレッジの目の前のポイントがなかなかいいと教えてくれた。駐車場から岩を歩いて行くらしい。さっそく行ってみた。彼が言ってたアラモアナ駐車場のいちばんワイキキよりの堤防はたしかにあった。深いチャンネルがあるポイントだったので、簡単にアウトに出ることができて、入ってみたら、腰~腹くらいの波がブレイクしてて、ボディボーダーとサーファーが何人か入ってた。なんだかわかんないけど、あきらかにワイキキとは全然ちがうということはわかったし、入ってるサーファーは全員仲良しっぽくて、完全にアウェイだなと思った。

けど、ローカリズムなんて知るわけもないわたしは、その日から狂ったようにそこに通いはじめ、ローカルの邪魔をしまくっては「Go back to Waikiki!!(ワイキキへ帰りやがれ!)」と怒られ、それでも「は~?意味わかんないw」とか思いながら通いつづけた。結局、そこは私がはじめてホームポイントと呼べる場所になったけど。

今日の箸休め

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with f2 preset

ボディーボードやってた私に、ある日そこのローカルのおせっかいなおっさんが、サーフィンやってみろと教えてくれた。ロングボードの上に立って一本波に乗れた瞬間、ボディボードとはおさらばした。数日中に中古の9フィートのロングボード買って、その日以来ボディボードやめた。

が、ロングボードにはいつものポイントはちょっと激しすぎるということがわかったので、ワイキキへもどった。けど、ワイキキの波も飽きてきて、また別のポイントを探す旅に出た。もちろんチャリンコで。調査の結果アラモアナパークのあたりにいいポイントがありそう。行ってみたら、遥か沖で波が立ってるのは見える。けどどこから入ったらいいのか、どこを目指せばいいのか皆目見当もつかない。

きっとその辺にいたサーファーに、勝手について行ったんだと思うんだけど、たどり着いたのがテニスコートの前のポイントで、ロングボードやってたときは、ここに通いまくってた。通いつづけたら、ポイントへのパドルには、海の中にほそーいチャンネルがちゃんとあることがわかったりした。こんなに広い海の中に、海水の色が薄いところがあって(つまり、リーフがないってことですネ)、そこを辿って行けばポイントにたどり着けるって、なんておもしろいんだ!と思ったのを覚えてる。

ロングボードからちょっとずつ板を短くしていって、ファンボードくらいになったある日、ある日本人の女性プロサーファーに出会い、彼女が「ぜったいショートのほうがかわいいって!」って言うのを聞いて、ん~まちがいない!と思い、形から入るタイプな私はさっそくショートボードに乗りはじめた。知り合いが家に置いて行った6’10″ ピンテールのボード(笑)! ローカルのおっさんに、「どーしたんだ!デカい波でも乗るつもりか!」とか言われたけど、(こんなんでデカい波なんて乗れるワケなくね?!)って思った。笑。

そのころには、例のハワイの黒い姉さんに出会い、二人で島中のポイントをまわった。ハワイでは、車が必要なところは姉さんと、それ以外はダイヤモンドヘッドからアラモアナまで一人で自転車。そのスタイルは湘南に来ても変わってない。ひとりでいろんなポイントに入りまくってる。東は鵠沼から西は生コンまで自転車(笑)。

だれかと一緒にサーフィンもたまにはいいけど、相手が上がるタイミング気にするのもめんどくさいし、好みのポイントがちがったりするから、個人的にはサーフィンはひとりだな。気楽でいい。好きなポイントに、好きなだけ、だれかに気を使うこともなくずっと入ってられる。あと、とにかくいろんなポイントに入る。ほぼ特定のポイントしか入らない人って意外と多いよね。見知らぬポイントはめんどくさいらしいけど。サーフィン始めたばかりの人とか、これからやってみようと思ってる人がいたら、ぜひ一人でいろんなポイントをふらふらしてみてほしい。そして怒鳴られ、ケガして、溺れそうになって、いろいろ学んで行くんだよ~。

とか言いながら、何もわかってない危ない初心者見ると、(だれかに教えてもらえよ!)とか思ったりしますがw いやでも、それでもわたしはジプシーサーフィンをおススメしますわ。わたしは無愛想全開だったのでしなかったけど、どこから入るのかとか、どこで待ったらいいのかとか、わかってそうなサーファーに聞けばいい。ぜったいいろんな世界が開けていくと思うよ。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。