無意識サーフィン

Advertisement




おはよーございます。相変わらずフクロウ攻撃つづいてますよ!数日前は、居酒屋で座った席、あたしのフクロウブログを読んだ友が、ニヤニヤしながらあたしの横の棚を指さしてるから横向いてみたら、フクロウの置物が二匹、わたしのことをジーーーーっと見つめてたし、昨日見たDVDでは、最後に一瞬、フクロウのロゴ出てたww

久しぶりに波けっこう上がったわねー。リーフに連れて行ってもらったんですが、やはりいつものように激混みで、ほぼほぼワンピークなポイントですから、それはまあ乗せてもらえませんわ!だれかがスッ転ぶのを待つしかねーっす。

どのポイントもそうだけど、混んでるところ、とくに、変なバイブス出してる人が多いときはつらいですけど、あまりにもスペシャルな波なので、ここは連れて行ってもらえるときはほぼ100%参加させていただきます。ほんとうにいい波です。乗れればww 

早い時間は激混みの風やや強めだったんですが、なんとありがたいことに、途中から人が半分以下になって、風が止んだ!!ほぼ無風。ありえない。グラッシーとか湘南で経験したのってまぢ数えるほどしかないので超スペシャル。サーフィンしてない方も読んでくださってるとおもいますが、波があって無風のサーフィンっていうのがもっともすばらしいコンディションなのです。おかげで何本かいい波乗せてもらいました。5時間近くやっちゃった。

今日はデカそうな気配だったので、久しぶりに長い板に乗ってみました。ダンサーErieの旦那につくってもらったThe Area 51の6’3″です。幅が18 1/2インチで、最近19インチ以下な板に乗ってないもんだから、えれー細いし、先っちょもだいぶとんがってるし、久しぶりだし、乗れんのこれ?って思ったけど、っていうか、毎回そう思うんだけど、終わってみれば毎回ほんとに良い板だ!と再確認させられます。テイクオフがちょっぱやです。

ただ、思ったほどサイズが上がってなかったし、デカいセットなんてぜったい乗せてもらえないので、波と板のサイズが合っていたかといえばそうでもなく、コントロールがなかなか思い通りにいかないわけです。ここのポイントは右行きオンリーで、わたしはグーフィーフッター(右足前に来るスタンスのことです)なので、つねにバックサイド(波に背中向けて走ることです)。バックサイドは大好きなんですけど、今日はどうしても板がひっかかる。で、もちろん私は板の長さのせいにしてるわけですね。長いからだと。

すると、一緒に行ってたプロサーファーの友達からこんなアドバイスをもらった。
「エリテン前足をもうちょっと前に向けた方がいいっすよ。体が開くから」

前足の向きとか、まぢ、つねに無意識だし、そんなこと気にしてるヒマなんてどこにもないと思ってたんですけど、アドバイスいただいた次の波で、前足を意識して前に向けてみたのです。すると、そんなことを気にするヒマも意外とあれば、ほんの数センチつま先を前に向けただけで、板がどんどん動き出しました。上半身が確かに開くのです。たまにちゃんと動かせるときは、無意識にこの状態になってるんでしょう。

サーフィンってどうしても我流になってしまうし、どれが合ってるのか間違ってるのかも自分の経験ベースになることが多いので、こういうアドバイス、しかもプロサーファーからのアドバイスなんて心躍るわ。しかも、足の向きとかそんな細かいこと見ていてもらえるとか、お金払って教えてもらうレベルの話だと思うわ!ほんとありガトー!

まあ、ほんと、つねにどれだけ無意識でやってるかってことですね。意識するだけでサーフィンがぜんぜん変わりますわ。いつも意識的でありたいと思っていますが、サーフィンも同じですね。

そんで、アドバイスもらいながらパドルしてたら、目の前の空に、イルカいた!! 一瞬でイルカを形成して、数秒で消えて行ったんだけど、完全にイルカになってて、しかもニヤリと笑いながら消えて行ったよ。写真撮りたかったわ。心のアルバムにしまっといたわ。帰ってから、空にイルカいたよって友達に話したら、「宇宙の極上の流れに乗ってるってサインだね〜きっと祝福。。イルカが空にいたということは、一緒に海にもいたってことだね〜」って言ってくれました。たぶん、ほんとにイルカいたと思う。

そういうわけで、やっぱサーフィンも無意識はダメっすね。ほかにも教えてもらったことちゃんと意識しながらサーフィンしますわ。今日もちょっと残ってる。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性サーファーへ blonde-dolphins-girl-hipster-swimming-Favim.com-146773

Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。