腰痛が100%治る方法

Advertisement




ハニガールのワンピース水着がちょっと入荷してます。意外と人気なんだけど、自分が着ないからあまり入荷しない(笑。胴長短足代表日本人なもんで、海外製のワンピースは胴の長さが合わん。ハニガの水着はすべてローライズなハズなのに、胴が長いもんで、ワンピースはハイレグになるww 似合う人が着るとかわいいんだけどネ。
ワンピース
http://www.tropicofparadise.com/?mode=cate&cbid=369017&csid=0&sort=n
あと、無地のビキニとかアパレルとかセールしてます。
http://www.tropicofparadise.com/?mode=grp&gid=1320939&sort=n


ところで、わたしの腰痛はもはや完治したと言っても過言ではない。いや、まぢで、あんなにずっとあった違和感がまったくない。ゼロだ。

数年前からはじめた腰痛治療、どんどん良くなってはいたので、ものすごく痛くてサーフィンできない。っていうのはもはやまったくなくなってたけど、いつもどっかに違和感があった。背骨のまん中あたりだったり、腰の折れるあたりだったり、仙骨の辺りだったり、ほんとに先っちょの尻尾のあたりだったり。

クシャミするとちょっと違和感あったり、物を拾う姿勢になると違和感あったり、ずっとしゃがんでると腰がこわばってきたり。ストレッチしたり、ぐっすり眠ると治ることも多かったけど、微妙な違和感がなかなかとれないのがここ数年の状態でございました。

それが、この数か月、その微細な違和感さえも一切ない。まったくない。腰が痛くないってこんなに素晴らしいことだったんですか?ってくらい、何もない。重さがない。こわばりがない。張ってない。痛くない。まったく痛くない。軽やか!

さて、どうやって治したか、ですが、100%の自信を持って言わせてもらうと、自分の感情と徹底的に向き合ったから。それ以外にない。

箸休め・・・
slideshow_3

ブログでは定期的に腰をはじめ、痛みや病気と感情の関係については書いておりましたので、わたしのブログを読んでいただいてたら、なんとなく聞き覚えがあるって方も多いかと思いますが、これ実践したかどうかになると、たぶん実践した人なんてほんの一握りもいないんじゃね?って思うわ。

皆さんわたしがここで書いてることは、ほとんどマユツバだと思ってらっしゃるよーで、実践される方は本当に少ない。のに、実践もせずに、また相談してきたり、グチをこぼす方の多いこと。だから、自分と向き合えっつってんじゃん。としか言いようがないんですが、そうすると、薄情なヤツだとか思われるのがオチっす。

わたしが言ってる感情と体の関係について、ちょっとでも実践を始めてるならきっとわかってくれると思う。感情を手放すっていうか、野放しにすればするほど、体がどんどん元気になっていくんだよおー。まぢで^^

たしかにカイロの先生のところにもずっと通ってる。けど、彼の治療も感情と向き合うことなんす。もちろん、痛みを取る治療はしてくれるから、一瞬痛くなくなるんだけど、かならずまた戻ってくる。そのたびに、自分が抑圧している感情はなんだったのかを再確認。っていうのを4年くらい繰り返してきた。

時間かかったけど、この腰の軽さは尋常じゃない。わたしの意識の重箱も、そうとう隅までつつきまくってきましたんで、その結果がこのヒップの軽さだと確信しております。

凄腕の整体行けば痛みはある程度取れるし、きっと重い荷物を持ち上げたのがきっかけだろうし、サーフィンしすぎも原因のひとつではあるけど、そもそもの原因は感情の抑圧であると見てまちがいないす。だから、ストレッチしようが、整体行こうが、サポーターしようが、完全に治ることはほとんどない。

抑圧した感情は、その種類によって症状が出る体の部位も変わるようですが、わたしの経験上、ヒップは、「経済的不安」や「怒り」とかなり関係してると思います。腰が痛いって方は、経済的不安を徹底的に感じつくすこと、怒りを抑圧しないこと、を日々やってみるといい。まあそのためには自分が不安で怒ってることに気づかなきゃならないんだけど。それがなかなかできねーみたいですね。

人間は、あらゆる感情を感じて当然なのに、それを抑圧するから、抑圧されたエネルギーが痛みや不快な症状となって出てくんだ。だから、その溜まったエネルギーを感じつくしてやればいい。超シンプルな話なんだなこれが。

くわしく知りたい人は、これ1から全部読んでみてよ。有料化したほうがいいって秘かに言われるシリーズw
https://beach-press.go-naminori.com/erinishikami/?p=7014


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。