サーフィンの不思議その4くらい?

Advertisement




今日も4時に目が覚めた!が、二度寝した!っていうか、ここ数日そわそわして眠れなーいって思ってたら、満月だった!だから、寝つきが悪くて変な時間に目が覚めるのだ。パワフルー。友だちに、満月パワフルなんですけど。っていったら、「ぜんぜん寝れない!」って。完全に天体に左右されてるわ。とりあえず石たちを月光浴させてやった。そして、ぐっすり眠れていなけどなぜか元気の不思議。

で、二度寝して起きたらもはや7時(笑。で、波チェックしたらうっすら波あったから行った。のがもはや9時。とにかく朝はぐうたらです。自営業でよかったと、毎朝心から思う。これは昔からだ。すっごい覚えてるんだけど、小学生のころとか、起こされて、歯みがいてこいっていわれるから洗面所いくじゃんね。するとそこはもはや「起きろ」とうるさい母親の監視外ゾーン。だから、ハブラシ持ったまま洗面所の床に倒れて寝てた。

ま、そんなこんなで海行ってみたものの、まぁしょぼくれた波でして。どんだけ見てもしょぼくれてる。帰ろうか迷ったけど、ただ、青空が広がってて、太陽が暑くて、とにかく海入ったら気持ちよさそうで、海に入る衝動にかられてしまったのでとりあえず入った。

入るまぎわにともだちが、
「あーーーーーきもちいいわー!サーフィン最高!!」
って言いながら上がってきた。波はどう?って聞いたら、
「んー。ショボイよ!でも気持ちいいー!!」
ピーカンの青空に、ほどよい風と、絶妙な海水温が、たしかに気持ちよかった。

帰りぎわ、同じようにショボいけど気持ちいい海でサーフィンしてた知り合いと何人もすれちがう。「どこでやったの?波どーだった?今日は休み?」そのたびに立ち止まって波情報の交換。をしながら、サーフィンってほんとふしぎだなぁと思った。

サーフィンはとにかく人をつなげてくれる。地球の表面をとぎれることなく覆い、つながっている海のように、サーファーどうしをつないでくれる。学生でもないのに、こんなにどんどんいろんな人と知り合いになれることって、大人になったらそうないんじゃないかな。

tumblr_mujxw07m9Q1qh0p37o1_1280

しょっちゅう同じポイントで見かける人。
近所に住んでる、よくすれちがうサーファー。
たまたま同じポイントの波チェックしてたサーファー。
いい波に乗ったのを見ててくれたサーファー。
見知らぬサーファーがいい波に乗ったのを見ちゃったとき。
きれいな夕焼けをいっしょに見ていた見知らぬサーファー。
きれいな虹を隣りで見てたサーファー。

と、自然に会話がはじまる。それは日本を出てもいっしょだ。同じ感覚を味わってるもの同士の、ふしぎな親近感がなせるわざというのか、ああ、この人も波に乗るという感覚を知っている人なんだ、ということが、話をしなくてもわかるので、その部分で同じ価値観を共有している安心感からなのか、知らない人と会話することがあまりにも自然になるのです。

昔はそーでもなかったけどねーw 超ツンケン系だったんで。ちゅうか、基本無愛想&人間キライなもんで。今もw。そして、前乗りされてブチきれそーなこともしょっちゅです。が、サーフィンのおかげで、見知らぬ人と話すことへの違和感がまったくなくなったわ。サーフィンマジックですね。これは。

ありがたいことでございます。だって、海が繋げてくれた出会いのおかげで今の私がある。サーフィンしてなかったら、今のわたしはどこを探してもいない。サーフィンしてなかったら43歳のあたしはどーなってたんだろうって考えると、まぢ、こわーい。サーフィンしててほんとによかった。今日も気持ちよかった。波は激しょぼかったけどw


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。