酒粕スコーンレシピとあつまれあつまれのおまじない


猛烈な暑さが過ぎ去り、朝晩はひんやりとした空気を感じるようになった今日この頃、気づけば今年も2ヶ月を切りました。

みなさんいかがお過ごしですか?

 

季節が暑い夏から、涼しい季節へ移行する頃、なんとなく人肌恋しく感じたりして、ちょーっとだけ物悲しい雰囲気を感じるのは、わたしだけでしょうか??

いつもの部屋で流している音楽を、なぜかわざとちょっと切ない選曲をして、さらに物憂げに浸ってしまうのは、わたしだけ?

そしてそんなときは、なぜだかスコーンが無性に食べたくなる。

のも、わたしだけ…?!

 

いやいや、そんなはずはない(笑)

 

今日は酒粕スコーンを焼きました。

これが、ちょっとセンチメンタルを感じるこの季節にちょうどいい、最高に至福を感じる食べ物なのです。

砂糖が入らないレシピで、しかも毎度目分量で作ります。

砂糖を入れないこのスコーンの味の決め手は、ズバリ“塩”なのですが、今回はその塩にまつわるお話です。

 

食べ盛り3人の子持ちの肝っ玉母さんのわたしは、塩はいつもお気に入りを10キロまとめてネット注文。送料無料になるまで、砂糖や小麦粉など、腐らないものはなんでも、ドーンとまとめ買い。

だけど、保管に場所をとるし、しまうのも一苦労だし、すっきりシンプルな生活を目指しているはずなのに、やってることが逆行している。

それに、ここ最近天災も多く、自然の驚異を感じる場面もあり、もっともっと身軽になりたいと強く感じていた。

そこで今まであんなに大好きだった、ありとあらゆるまとめ買いを…。

 

一気に辞めた!!

 

そんなタイミングで、塩は残りわずか。いつもは、保管場所にたんまりあった塩なのに、全く無い。

いざ、スーパーに買いに行けど、どれを買おうか悩んで、結局辞める。

もうそろそろ買わないといけない。

うーーーん。いつもの塩買っちゃおうかな?

そうこうしてたら、なんと塩が手元にやってきた。

 

しかも3つも!!

 

塩

それぞれ別の方から、貰ったのだ。

「なんで、わたしが欲しいものを知ってるの?」

これぞ巷でよく聞く「引き寄せの法則」?!

だけど、わたしはこの言葉が、以前からピンとこない。

 

しばらく考えた。

そうそう。

昔、中学生の頃、わたしはテニス部の副キャプテンだった。

たまに、キャプテンの代わりに、「しゅーーごーーー。」と甲高い声でコールする。すると、部員が「はーーーい。」とまた甲高い声でレスポンスしてきて、わーっと、わたしの元へ駆け寄ってくる。

そんな場面が目に浮かぶ。

自分が引き寄せているとも言えるけど、それよりは周りからこっちへ向かって、自然と集まってきてくれている感じ。

だって、呼んでも来ないときは来ないし。

なんかハートを感じる。

人肌恋しい今のわたしには、ぴったりな妄想(笑)

 

まぁ要は、塩が無くなったら、たまたま3つも貰ったよって話なんですが。

でも、そんなに塩って誰かにあげたりしないと思うんだけどなー。

こんな偶然てある?

やっぱり『あつまれのあつまれのおまじない』が効いたとしか思えない(笑)

 

最後にスコーンのレシピを載せておきます。(是非材料は美味しいのを選んでください)

∴酒粕スコーン∴

材料(目分量なので、それぞれのセンスでオッケーです)
・粉 200グラムくらい?
・BP ティースプーン山盛り一杯くらい?
・塩 ひとつまみ
・酒粕 カレースプーン山盛り一杯くらい?
・油 二回しくらい?
・卵 一個

作り方
①オーブンを200℃に予熱する
②フードプロセッサーに粉類をいれガーっと回す。
③酒粕を追加し、ガッガと回す
④油を追加し、ガッガと回す
⑤卵を追加し、ガッガと回す
⑥生地の固さを見て、少しずつ水分を(水、牛乳、豆乳etc)いれガッガと回す
↑ポロポロとした見た目になればオッケー
⑦生地を天板に出し、お好みで(レーズン、ナッツ、ごまetc)など入れながら、両手で生地をまとめる
⑧生地を伸ばし、包丁で四等分に切り重ねることを、2回繰り返す
⑨厚さ2センチくらいに伸ばし、適当な大きさに切って200℃のオーブンで20分焼けば、出来上がり

酒粕が入っているため、生地に色が付きやすいです。オーブンの様子を見ながら、美味しいきつね色に焼いてください。
卵を省いて、その分水分を足して作ってもいいです。

:Halu


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

halu

海の近くに住んでるけど、全く泳げない。だから海は温泉のごとく浸かりにいくもの。浸かってると、良いも悪いもぜーんぶ溶け出ていって、しまいには消えてなくなってしまいそうになる、あの感覚が大好き。愛しのダーリンShakaちゃんと2人でブログを書いてます。こちらでは、Haluの独断と偏見で思いつくままに綴っていきます。