笑顔の行方。


10929913_10204846677998261_8707599963325132676_n

ちょっと前からおばちゃんモデルをしていまして。
今年移籍しまして、その撮影を。コンポジ作りました。
コンポジはモデルの名刺みたいなもので、
こんなことできますーとかこんな背丈ですーという
のをクライアントさんなどにお見せするものです。

ここ最近、セルフィー(自撮り)も当たり前になり
写真に撮られることが普通だし、フイルムじゃないから何度も取り直しもできて、
加工も出来ちゃうから、各々「この角度のこの笑顔が得意!」
というのを持ってる人も多いですよね。
私もとりあえずこの表情だとまーまー写真写りいいわ。
という表情が自然と培っています。

でもね。
例えば赤ちゃんはそんなもの知らないわけで。
泣いても笑っても可愛いんですが。
その自然な笑顔がその子の個性にもなるわけで。
作り笑顔じゃないですよね。その笑顔から溢れてくる
幸福感やメッセージが伝わって来てこちらも
幸せになったり、何を伝えてきているかを感じることができる。

じゃー「作り笑顔」ってどうなの?
とおもうわけです。
実際、撮影をし、写真をチェックしていくと、
作り笑顔と自然に笑う顔とでは
客観的に観ても明らかに違うんです。これにはびつくり。
何枚も見てチェックしていくのでその差は歴然。自分の作り笑顔とそうじゃないときの笑顔が
全く違う。

20代、30代ならその作り笑顔そのものもキラキラしているので
違和感はないのですが
40代になると顔に日々のライフスタイルが出て来てしまうので
バレるんですよ(笑)
例えば、整形をしている人の顔ってこちらからみても綺麗なんだけど
何か違うな。。。と思うのです。

私がいつも感じて、なるべく気をつけているのは
シワ1本も自分の年輪であると思う事。
そのシワがどういう刻み方をしているのかを
思えば、日々笑って、笑い皺を増やした方が
いいと思う。
そりゃーシワは、ないほうがいいけど、それは年齢を重ねていく上で
は避けられないしね。

日々の積み重ねが顔に出る。
笑顔の行方は皆さんどうですか?

おっと。宣伝しなきゃ。
もし私にご用命ありましたら、
but whyまでよろしくお願いします!
色黒でもよければですけど!!!


ABOUTこの記事をかいた人

hikaruookura

千葉県鴨川をホームポイントとし、波乗り、自然と動物をこよなく愛する、スローライフ。 自然から感じ、学ぶことを人生のエッセンスにし、Serendipityを大切にています。