hawaii days. カラスのいないハワイ。そこから見えるもの。


朝は5時くらいにニワトリのご挨拶合唱から始まり、そのあと
小鳥たちのさえずりが心地よくて、目覚めが不機嫌にならないハワイ。
小鳥がとても多くて、

日本でいうハトもこぶりで可愛いんだけど、とてもスローというか、
飛ばないというか、道路でおやすみしてるコが多く、残念なことによく轢かれている😢
ハトのおすわり。こうしてよく路上で座ってる。木に留まればいいのに笑。路上の温かな温度が心地よさそう。
images

聞いた話によると、ハワイ原産の鳥は外国人が持ち込んだ外来種の鳥により、ほとんどいないらしい。
そしてカラスがいない。
とても不思議なんだけど、逆にカラスがいないからこういう小さな鳥たちが
生存してられるんだろうな。カラスは頭がいいので、自分より小さな生き物をいじめることも
できるから。
カラスがもしハワイにいたら見える景色は変わってたかもしれない。

そしてニワトリのファミリーがここ、ハレイワ、ノースショアにはたくさんいて、そのこたちを観察してると
微笑ましくてとてもかわいい。
ずいぶんおでぶなニワトリだなと見てたら、このお母さんの中にヒヨコが数匹入ってた!かわいい♡
img_8806

img_8808

お母さんニワトリのあとはせっせとついていくヒヨコが愛おしい。
そしてけっこう大きくなっても親のそばで生活してるニワトリファミリーもいて。仲良しなんだね。
ただ、心配なのは、このコたち、捕まえられたりして食べられちゃったりしないのかな??完全にオーガニックのFree range(放し飼い)だし!

さて。
噂では、とうとう
スターバックスがここハレイワ周辺にできるという。
とても残念。そんな大企業はここには必要ないと思うのは私だけかな。
でもそういう意識が薄い人はきっとスタバができたら足を運ぶんだろうな。
どんな製品を使って食べ物を供給しているとか知らないで。
詳しくはどうぞこちらを。
私はこの事実を知ってからどこにいても、ここに足を運ぶことも購入することもしなくなりました。
加担したくないからね。

country sideにはその土地の持ち味というのがあって
その土地の人はその持ち味を愛し、育成し大切にしている。
そこに大企業はいらないし、必要とされていない。なるべく自給自足を心がけ、ローカル意識が強くまたそれにより
その土地の個性が輝く。

先述したカラスと同じだ。
カラスは都会が似合う。ちなみに私はカラスを嫌ってはいない。カラスにはカラスの生き方があり、
そこに嫌いも好きもないから。一生懸命彼らも生きてる。

ただ、カラスはここハワイ、ノースショアに必要ない。
もしカラスがいたら、
この可愛く毎日囀る小鳥たちは脅かされ、こんなにもたくさんの種類の小鳥たちは自由にいられないと思う。
私はこの小鳥たち、ニワトリたちが大好きだし、愛おしく毎日美しく楽しく歌ってくれているのを当たり前にどこでも聴ける環境が
大好きだ。

このカラスと小鳥たちを大企業と地元の人のお店に置き換えるとまさに同じことが言える。

ここで生活する人たちのお店は愛情に溢れているし、ユニークでそして何よりもこの地を愛し、選んでここで商売をしている。
だから私もその店に通いたいし、応援している。
大企業はどうだろう。
土足でこの地に入ってきてはいないだろうか。
環境を配慮した商売を営んでいるのだろうか。
もし経営するにしても地元へのリスペクト、配慮をしているのだろうか。できるのだろうか。
美味しくないコーヒーに生クリームを山ほどかけて飲んでる太った人を見かけると、
その飲み物とその買った人が同じに見える。無駄な脂肪。不必要な存在。

小さな縮図に気づくと、大きなうねりにすぐに気づくことができる。

個性を尊重しその土地がもっとエネルギッシュで活気ある存在でいてほしい限り。
img_8858


ABOUTこの記事をかいた人

hikaruookura

千葉県鴨川をホームポイントとし、波乗り、自然と動物をこよなく愛する、スローライフ。 自然から感じ、学ぶことを人生のエッセンスにし、Serendipityを大切にています。