間接的にケリー・スレーターと同じ気持ちになれる。


自分が思っていること、感じていることを
さらりと、でも立ち止まってもらえるように、
そしてできたらかっこよくスマートに伝えられたら
なんて最高なんだろうとおもいながら
なかなかそうなれないもの。

日本語のムズカシサで悩むのは小学生で終わると思ったのに、大人になってもまだまだ
日々学ぶことだらけ。
小学生の秀逸な作文を読むと、
なんてシンプルで、でも心にしみるんだろうと思う。

その染み渡る、
まるでおでんのような言葉汁を出せるように日々精進するばかり。
完全マイペースで
www.re-aloha.com
更新しています。おひまなときに、アロハを感じたいときにどーぞー!

話はかわるけれど

最近というかここ数ヶ月、カラダ改造にはまっている。
永遠に続くであろうカラダメンテナンスへの実験だ。
痩せることが目的ではない。
カラダを整え、いい波にたくさん乗れるカラダ作り。

カラダが元気なら大波に乗ろう!というチャレンジ精神も湧くだろうし
メンテナンスをしていたら怪我も多分少なくて済む。
元気ならば、長く海に入ってられることで、波にもたくさん乗れる。
たくさん食べて、モリモリ動いて、爆睡して朝はシャキーンと起きる

という子供時代に戻るカラダが理想的。

これだ。やはりカラダが基本。

そしてそれを総称して

考察することは
「カラダが変わるとココロも変化するであろう。」
という実験。

4ヶ月くらいやってる。
そしてこの4ヶ月で徐々に変化が見えてきて(自分にしかわからないだろうけど。)
ものすごく面白い。そしてココロの変容がさらに面白い。

というのも、ものすごい整体師と出会ってからこの考え方になった。

いつも写真を撮り忘れるので今度撮ったらここでも紹介するけれど、
まー本当は内緒にしておきたい

でもいいものはシェアせねば。

彼はオーストラリア在住の日本人整体師。以前はトップアスリートのみ契約していて
最近、一般の人のカラダもみてくれるようになったらしい。

モルディブのトリップで知り合い、それからのおともだち。

あのサーフィン界の王様、ケリー・スレーター、タジ・バロウも溺愛する整体師。
つまり
整体師さんを通してあのケリーと同じ感覚を得れられる(はず。)。

ただし
悲鳴を超えて叫ぶくらい痛いです。
最初、施術経験者にどんなかんじかを聞いた時

「生まれて初めての痛さ。」と言われて
よくわからなかったんですが
初めて施術されたとき、私はモルディブの海の上にいたのですが
ほんと、海の上でいてよかったと思うくらい叫びました。
それくらい痛い。
何十年分の膿が出るから最初は痛いらしいです。
ケリーも痛がるの?
と聞いたら
痛がるらしい。
ケリーと同じなら頑張れる❤️

でもその痛さ
半端ないから。
が、そのあとの爽快感も半端なく気持ちいい。
そして一発で体調が変化しました。下っ腹もへこみました。
今、肩甲骨を出してもらってますがどんどん出てくる。

そしてパフォーマンスがあがります。
ここ大事。
波乗りだけではなくて、日常生活全て変わっていきます。

何かの本で
カラダを作り上げていくことでココロもそのながれに引っ張られて変化する。
と読んだことがあるのですが
まさにそうだと確信中。
面白いです。自分のカラダ。年齢は関係なく、進化できることがわかってきた。
ウエストが勝手に細くなるし。

ちなみに、自己流でいくら筋トレしても、お望み通りの
カラダにはならないらしい。

重力で下がる筋肉をいくら筋トレで自己流で鍛えたとしても、
「やった感。」
だけで、
筋肉は硬くなり、可動域が下がるらしい。そして怪我をする。

アスリートの筋肉は柔らかくて柔軟性があるのは
本気でカラダを作っているから。
素人が自己流でやってもダメだらしいですよ。
ざんねん。

こちらの整体、きになる方は私に
メッセージくだされば、
お教えします。

ほんと痛いけど
こんな自分になれるんだーと
ワクワクしてくるよ。

こないだ、パプアニューギニアいってきましたー!その様子は http://www.re-aloha.com/archives/1747 こちらで!


ABOUTこの記事をかいた人

hikaruookura

千葉県鴨川をホームポイントとし、波乗り、自然と動物をこよなく愛する、スローライフ。 自然から感じ、学ぶことを人生のエッセンスにし、Serendipityを大切にています。