誘い水。幸せのシールド(盾。)


先日10年に1度だと言われたタイミングの波乗りを3時間以上楽しんでしまった。

多分
日本で初めて。
と感じるくらい、いい時間を過ごして。
その余韻は今もカラダに残ってる。
凄まじくいい波が、永遠に続くかのように
来てて。

だけども、

波も極上だったけど、
その時間に居合わせた、ひとりひとりがとても素敵な人ばかりだったんじゃないかなと
感じてた。

人は水で出来ているから

いい水=人。
は、誘い水のように
いい人やいい波を運んでくれるんじゃないかなと感じてた。
でもそれは、海は広くて大きいから、
ひとりだけではなくて、複数の素晴らしい誘い水で
波を運んできてくれたんじゃないかな。

ひとりひとりが笑顔で、その瞬間を波を乗ることで楽しんでる姿は
みているだけでもこちらまで幸せな時間だった。

幸せー!!!!と何度海で話したことか。

自分の持つエネルギーが、そこにいた人たちとシェアして
みんなが「幸せ、最高だね。」という気持ちで満たされていたんだろうな。

なんというか、
3次元を超えてた感覚にすらなってた。
あれは、経験した人じゃないとわからない時間軸なんだろう。

美しい波と一体になれたときはこの次元超えが生まれるのだろう。

だから大きな波をチャージする人や、
トップサーファーは、常に次元超えしてるので、
少し異次元な雰囲気を持ってるんじゃないかな。
人という枠を超えてるようなね。

こういう、
見えてはいないけれど、
強く感じる幸福感覚は、
波乗りしていて
時々起こる現象なんだけど、
一方で
その逆。

自分本位で波に乗るひとだらけの場所で波乗りをしていると、幸せ。
という気持ちよりも、違う感情が心で複雑化して
残念な気持ちになることもある。

なので、私自身は、いつも、小さくても幸せや楽しいことを心に置いて
過ごすようにしてる。

「幸せのシールド」で自分自身を護る。

それが
「自分から変わる。」ということなのかな。

あー10年といわないで、
毎年来て欲しいー!!
🌊❤️


ABOUTこの記事をかいた人

hikaruookura

千葉県鴨川をホームポイントとし、波乗り、自然と動物をこよなく愛する、スローライフ。 自然から感じ、学ぶことを人生のエッセンスにし、Serendipityを大切にています。