月の満ち欠けとともに。


バリに入ったのは、先月のとても大きな満月であったスーパームーン。
そして帰る日は
こちらで一年で一番大きなお祭りとも言われる、新月に行われるニュピ。

このスケジュール、
私は何も気がつかなくて
決めてしまいました。

フライトのチケットを取ってから
全て気がついて
さらにニュピは空港も閉鎖されるのですが、
その閉鎖される日の深夜に飛び立つスケジュール。

こんなことが最近とても多くて、
月の満ち欠けを意識せずとも
何かこの動きと共に
過ごしているんだなぁと
不思議になりました。

でも
こういうことが大なり小なり続くと
もう
驚くというよりは
Go with the flow.

ケセラセラと
いう感じ。

今朝
友人のヨガのお話しを聞いていた時に

いつも頑張りすぎないこと。
頑張らなければならないときに、
ちゃんとスイッチを入れられるように
自分自身でトレーニングしておくこと。

と聞きました。

そのトレーニング
こそ私は波乗りでしているのかもと。

特にここバリの波は集中力が切れた時に、
怖いなと感じることがあります。

だこらこそ
オン/オフを海の中でも自然と身につけてきている。

乗馬もそうでした。

馬に乗っているときは
馬との呼吸を合わせて
かれらの動きやすいように指示を出すことで、スムーズな運動と流れを導きだします。

すべて頑張りすぎず、
呼吸と
流れ。
頑張るのではなくて、
流れを馬に教えてあげる。

日々意識を変えていくと
地球に一番近い星、月が
日々教えてくれているのでは。

そんなことを感じました。

今回のバリは優しく穏やかで、でも
会うべきタイミングにきちんと
タイミングは訪れるような日々でした。


ABOUTこの記事をかいた人

hikaruookura

千葉県鴨川をホームポイントとし、波乗り、自然と動物をこよなく愛する、スローライフ。 自然から感じ、学ぶことを人生のエッセンスにし、Serendipityを大切にています。