人間関係における10のしないこと。


時間が毎日本当に早く進んで、
ついていけない。。。
さらに秋はよく眠れてしまい、用事がなければ早寝遅起き。
睡眠の質が自然によくなるのもこの季節。

健康第一ですよね。

ところで先日、
ネットで
人間関係における10のしないこと。
というのを見つけて腑に落ちました。

これ↓

そうだよね。と。
ひとつひとつさらに思うと
1 人の気持ちを勝手に想像しない。
→時間の無駄。人のことはわかりません。それより自分の気持ちと向き合いましょう。
2 愚痴ばかりの人とは関わらない
→時間の無駄とバイブスが悪すぎる。
3 飲み会は二次会、三次会まで付き合わない
→体に確実に良くないです。体を悪くしてまで付き合わなきゃいけない関係性は有意義ではないと思う。
4 会話の沈黙を恐れない
→オトナになってこのことに氣がつきました。
5 自分の弱みを隠そうとしない。
→誰でもあるもの。弱みは強みだったり、長所だったりします。
6 人と自分を比べながら付き合わない
→だいぶできるようになりました。意味がないです。比べること自体。
7 ”イベント”を楽しみたいときは団体行動しない。
→この年齢で団体行動はおばちゃん化します。少人数がベスト。
8 周囲に求められるキャラクターを演じない。
→人生着ぐるみ着て終わることになります。
9 他人が変わってくれることを期待しない。
→変わるのは自分自身です。
10 声が好きになれない人は基本的に合わないので無理に仲良くしない。
→言い得て妙。経験したことあります。

人が人と関わるとそこには様々なケミストリーが起きます。
とてもいいケミストリーもあればその逆も。

何歳になってもこの問題は付いて回るらしいけれど
自分なりに自分のルールのようなものを持っておくと
乾いた人間関係ではなくなるかもしれないです。

摩擦がおきれば火が灯る。でも
その火の大きさは自分でコントロールしていきたいですね。

ご参考になれば。


ABOUTこの記事をかいた人

hikaruookura

千葉県鴨川をホームポイントとし、波乗り、自然と動物をこよなく愛する、スローライフ。 自然から感じ、学ぶことを人生のエッセンスにし、Serendipityを大切にています。