30年ぶりの腰痛


多分30年ぶりくらいの
大きな腰痛になりました。

その30年位前に起こした腰痛は
バレーボール部でバレーボールのしすぎで、
腰が壊れてしまいました。
歩けなくなってしまったんです。
当時でも大事な時期(子供ながらにもそう感じていました)
だったので
とても困り、親が行く鍼灸院に行き、治療してとりあえず歩けるようにはなりましたが
もう
バレーボールはやめておこう。

と決めました。

その後も時々痛いなーとは思いつつも
特に生活に支障なかったのでそのままに。もちろんケアも怠っていたわけでもなく。

そんなある日

10キロのポリタン持ち上げたら

グキッ!って。

本当にグキッていうなんとも恐ろしい音が身体に響くんですよね。

これは多分経験者ならわかるはず。アキレス腱切れる時もブチッ!って音がするらしけれど

この音でどのくらいやってしまったかがわかる。

私もこの音で冷や汗が。しかも翌日からまたいい波が続くというのに・・・

恐ろしく痛い腰をさてどうしたものかと

翌日から知り尽くすところに予約をして
治療しました。
ある先生からは突発性なので回復は早いね。

と言ってもらえましたが
正直またあの30年前の辛い日々がくるのかという恐怖がアタマによぎりました

ただ、ラッキーだったのは、
ぎっくり腰の手前で済んでよかったというのと
いい先生がいてくれたので
思ったよりも早く回復して

痛いけど出歩けたりしたので
海以外は生活はできました。

じゃーなんでこのタイミングで腰痛になっちゃったんだろか。
と不思議に思い
もちろん海入りすぎでいたのも原因だけどそれは今に始まった事ではないので。

この本がそんなときに的確なことを教えてくれました

この本は自分の感情や身体からのメッセージが書かれていて、病名、部位、感情を通して身体からのメッセージが書かれています。
そしてそれはだいたい当たっている。

今回の私の腰も見事に当たっていて。
分かった途端、気持ちの整理がスーッて整った。
そしたら痛みが軽減してった。

病は氣から
といいますが
本当にその通り。
自分からのメッセージを受け取ったらお役御免なのか
痛みが軽減しちゃうんだもん。

この本には
”大切なのは、他人の言葉を聞くことではなく、自分の答えをみつけること。自分でしか自分の人生を変える力はありません。”
と書いてありました。

今回私が腰痛になったのも
自分から自分へのメッセージでした。

もしこの本を見かけたら是非手にとってみてくださいね。
それもメッセージですから。


ABOUTこの記事をかいた人

hikaruookura

千葉県鴨川をホームポイントとし、波乗り、自然と動物をこよなく愛する、スローライフ。 自然から感じ、学ぶことを人生のエッセンスにし、Serendipityを大切にています。