Thank you US Military Troops



Yesterday was super difficult. The news in the evening recapped so many heart wrenching stories of loss. Japan may have cried more tears yesterday than the tsunami itself. I was so proud of all the hard work the US Military did for us here in Japan. They touched the lives of all of us. The Japanese people are very grateful to the swift response to our crisis.
昨日はとても難しい一日でした。夕方のニュースでは心が張り裂けるような亡くなったひとnニュースばかり。昨日日本では津波それ自体よりたくさんの涙が流れたんじゃないでしょうか。私はアメリカ軍が日本で行った援助を心から誇りに思う。世界中の人に感動を与えてくれた。この災害に対するアメリカの迅速な対応に日本の人はとても感謝していました。



One little boy named Wataru bonded with the military troops that came to help the tsunami victims in his village.
ワタル君と言う男の子は村に救助に来たアメリカ軍兵士とつながりを持った。
Everyone was sad to see the troops go and waved American flags at their departures.
アメリカ軍が帰る時、皆アメリカの国旗を持って見送ってくれました。
Now, little Wataru asks his mom to by him clothes like the uniforms of the military.
ワタル君はお母さんに迷彩服が欲しいと言ったそうです。

“Thank you US Military for all your support for Japan.”




ABOUTこの記事をかいた人

jasmin

アーティスト・グラフィックデザイナー・心理学博士 イギリス系白人とアフリカンアメリカンのハーフ。千葉県在住、幅広い交友関係から広がったサーフ 業界でGo-Naminoriデザイナーを中心にアーティスト、グラフィックデザイナーとして活躍中。トレーニン グ、水泳、ランニング、サーフィンなど体を動かすことが大好きなJasminはフィットネスエキスパートであると同 時に心理学の博士号も持つ才女。モデルとして来日した東京での生活では、日本にビーチカルチャーがあることなど考え もしなかったとか。「海沿いを走ると海のエネルギーを感じます。海は自分の集中力を高めてくれる。海での生活は静か で集中することが出来て、そして集中している時が一番クリエイティブになれるときなんです。」 Website: www.JasminDesigns.com