How do you call it? = dou omoi masu ka?


In Hawaii (where surfing originated) this wave is called from behind.. maybe 8 foot or so. Then surfing came to California and everyone contorted everything and started calling the wave by it’s face, maybe 15ft. or so. (2x the actual size). Then surfing came to Japan where everyone calls the wave by the inside of the barrel it seems.  I’ll never figure out the Japanese version of wave calling.
“Double over head” what does that mean? “Double over head” seems so vague to me.  The Japanese are small, I always wonder  “double over whos head, … yours or mine??”
I like to keep it simple.  I call it like I see it: “farkin huge”.
サーフィン発祥の地ハワイでは、波を裏側から読むので、多分この波は8フィート、とかになるのかしら。で、サーフィンがカリフォルニアに伝わり、ここではみんな波を表から見たサイズで測るようになったわけで、この波なら15フィート、とか言う。で、日本にサーフィンが伝わって、日本ではチューブの中からみたサイズで表現するようになった。みたいね。で、私は日本の波のサイズの測り方が未だにわかりません。「ダブルオーバーヘッド」って、なに?! よくわからない。だって日本人って小さいでしょ。いつも思うんだよね。誰のダブルオーバーヘッドだよ。って。アタシの?あなたの?
というわけで、私はこの波は、見たままに表現するのが一番良いと思う。
「バカでかい」
です。




ABOUTこの記事をかいた人

jasmin

アーティスト・グラフィックデザイナー・心理学博士 イギリス系白人とアフリカンアメリカンのハーフ。千葉県在住、幅広い交友関係から広がったサーフ 業界でGo-Naminoriデザイナーを中心にアーティスト、グラフィックデザイナーとして活躍中。トレーニン グ、水泳、ランニング、サーフィンなど体を動かすことが大好きなJasminはフィットネスエキスパートであると同 時に心理学の博士号も持つ才女。モデルとして来日した東京での生活では、日本にビーチカルチャーがあることなど考え もしなかったとか。「海沿いを走ると海のエネルギーを感じます。海は自分の集中力を高めてくれる。海での生活は静か で集中することが出来て、そして集中している時が一番クリエイティブになれるときなんです。」 Website: www.JasminDesigns.com