Are the crippled reactors at Fukushima still dumping tons of radioactive water in to the sea everyday?


Of course as the technology to handle the devestated plants hasn’t even been developed yet. Nothing has changed, 5 years later.
We just kinda stopped talking about it, here in Japan.
破壊された原子炉をなんとかする手だては今のところない。
それにしても、5年も経ったのに何も変わっていない。
日本ではもうこの話をする人はいない。
Radiation can be carried long distances by marine currents, concentrated in
sediments, and carried in sea spray 16km or more inland.
So Fukushima poses a hazard to coastal populations and any who eat produce from
their farms. So what are the Japanese Government and IAEA doing? Ignoring the
problem, and failing to gather data.
放射能は海流に乗って長距離を旅することも可能だし、
堆積物になり波打ち際の波しぶきとともに16kmも内陸へ運ばれるという。
放射能の危険性は海岸エリアにも影響を及ぼし、
近隣でつくられた作物を食べた人にも影響を与える。
日本の政府とIEAはいったい何をしているんだろう。
問題を無視しつづけ、データを集めることすらできていない。
[read more]




ABOUTこの記事をかいた人

jasmin

アーティスト・グラフィックデザイナー・心理学博士 イギリス系白人とアフリカンアメリカンのハーフ。千葉県在住、幅広い交友関係から広がったサーフ 業界でGo-Naminoriデザイナーを中心にアーティスト、グラフィックデザイナーとして活躍中。トレーニン グ、水泳、ランニング、サーフィンなど体を動かすことが大好きなJasminはフィットネスエキスパートであると同 時に心理学の博士号も持つ才女。モデルとして来日した東京での生活では、日本にビーチカルチャーがあることなど考え もしなかったとか。「海沿いを走ると海のエネルギーを感じます。海は自分の集中力を高めてくれる。海での生活は静か で集中することが出来て、そして集中している時が一番クリエイティブになれるときなんです。」 Website: www.JasminDesigns.com