本当の感情はきっと自然に溢れるもの


梅雨の晴れ間の下。

風の抜ける川沿いの木陰道。

お母さんだっこー!

と、まだ小さな妹か弟を抱っこ紐で抱っこしている母親に抱っこをねだり奇声に近い声をあげて泣く少女。せめて、オンブー!と泣くぐらいの配慮はないのかと勝手に苛々。笑

年の近い妹が2人いる私はきっと幼い時あんな聞き分けのない子どもではなかったはずと勝手に思ったりする。笑。

だだ、我慢するかわりにすねたり、本当の気持ちを言えずに甘えたり、思ってもないことを言わなくていいタイミングで口走ったりしてしまう。とても素直でない人間であったと反省することが多々ある。

つまりは、家族や自分がお世話になっている身近な人にとてもとても嫌な思いをさせたに違いない。

だだ最近は、自分の感情をそのまま表現出来るようになってきた。何かに苛ついたり、誰かに怒ったり、もちろんそれを普通に相手に伝えたり伝えてきちんと話をしたり許したり許されたりしている自分にふと驚くことがある。

カフェインや糖質の過剰摂取を控えるようになったからか、

自分のことを前よりわかるようになったからか、

生きていく尊さを、生かされていることの奇跡を知ったからか、

大切に思う人ができたからか、

その理由ははっきりとはわからない。はっきりとしていることは、今まで私のことを思って本気で私に向き合ってくださった人がいるということ。支えていただいていること。


今日は夕焼けがピンク色。

空が綺麗とか

花が可愛いとか

自然に溢れる感情と同じように、泣いたり、笑ったり、怒ったりする。

そして声に出して  ‘それを’きちんと伝えること。誤魔化さないこと。

それはとても大切なことだと思っている。


ABOUTこの記事をかいた人

miyukimatsumura

ビーチバレーボールプレーヤー 南国土佐生まれ。高知の大自然の山奥で竹やぶを裸足でかけまわりながら育ちました。 水泳、バレーボールな学生時代をへて、大学入学後よりビーチバレーに転向。国内ツアー、アジアツアーに参戦。2013年からは 現パートナー松山鉱子と ワールドツアー韓国チャレンジャー、中国グランドスラム、プーケットオープンに出場。現在は常設コートのある湘南ビーチを中心に活動中。