最凶


2018年、後厄。

前厄の7月に見事に自転車で転倒し骨折と靱帯損傷で両手ギプスになったわたしの後を追うように、同僚で同級生、しかも誕生日10日違い、等しく前厄の彼女は11月にバイクで転倒し11月に両足ギプスになった。

そんな彼女と知らぬ間に意気投合し、2017年の本厄の2月に鎌倉宮に厄払いに行き、2018年後厄の今年も同じ鎌倉宮に後厄払いにいってきた。私が42番凶を引き当てたら、彼女が後を追うように4番凶を引き当て、大爆笑しながらハイタッチ。笑

何か嫌なことがおこると凶のせいにして、どちらか迷ったら凶だから安全策を選ぶ。凶のおかげで開き直り、凶のおかげで準備を怠らない。凶とは便利なものである。

帰りにお揃いで買った折り畳み傘をおろすのが、2人揃って昨日の雪となりけり。彼女はバイクで来てたけど、凶だから帰りは事故らないよう電車で帰宅。


性格も立場も全く違う彼女から、仕事でもプライベートでも見習べきところは本当に多い。

みつをさんが言っていた。

‘人生を、変えるほどの良き出会いを’

と。彼女との出会いを感謝するとき、この言葉を思い出す。

さて後厄は、何が起こるかしら。


ABOUTこの記事をかいた人

miyukimatsumura

ビーチバレーボールプレーヤー 南国土佐生まれ。高知の大自然の山奥で竹やぶを裸足でかけまわりながら育ちました。 水泳、バレーボールな学生時代をへて、大学入学後よりビーチバレーに転向。国内ツアー、アジアツアーに参戦。2013年からは 現パートナー松山鉱子と ワールドツアー韓国チャレンジャー、中国グランドスラム、プーケットオープンに出場。現在は常設コートのある湘南ビーチを中心に活動中。